県高校サッカー新人戦 第3代表決定戦

県高校サッカー新人戦 第3代表決定戦

盛岡商 2 (PK7-6) 2不来方

今年最後の観戦です。
前日の準決勝に敗戦した盛岡商VS不来方の第3代表決定戦。延長1点差で敗戦のチームと7失点での敗戦のチーム 。同じ敗戦ですが、精神的には前者の方がダメージが大きかったと思います。それが今日のゲームにも現れていたように感じました。
前半7分、不来方のシュートはクロスバーに当たる不運も、この跳ね返りのボールを押し込み先制。追いかける盛岡商は25分、不来方の反則より、PKを得る。PKは盛岡商キャプテンCBの宮野選手が確実に決め同点とする。30分、盛岡商のシュートはポストに当たる不運。この後も盛岡商は連続攻撃から勝越しのチャンスはあるものの、不来方の選手の守備の堅さ等から、追加点を奪うことはできなかった。
IMG_4961 (2).JPG
後半35分間で決着が付かず、延長戦に突入。
延長前半5分、盛岡商のシュートがクロスバーに直撃。その跳ね返ってきたボールをFW工藤選手がシュートを決め勝ち越す。しかし延長前半9分、不来方が絶妙なFKからシュートを決め同点とする。

延長の前・後半 終了後、2-2の同点からPK戦に突入。
 盛岡商 ✕○○○○○○○
 不来方 ○○○○✕○○✕
PK戦は盛岡商の先行で始まる。盛岡商の1番目はキャプテン宮野選手。宮野選手はゴール左隅を狙うものの、相手GKが好セーブ。その後両チームとも全員がシュートを決める。盛岡商の5番手,根子選手のPKが成功し4-4。不来方の5番手の選手がPKを決めれば、不来方の勝利であったが、ここで盛岡商GK羽田選手が好セーブし、ここからサドンデス。盛岡商は、6番手の間宮選手、7番手の佐々木選手、8番手の佐藤慎選手が確実に決めるなか、不来方も6番手と7番手も確実に決めたものの、8番手の選手のPKを盛岡商GK羽田選手がまたしても好セーブ。
結果、盛岡商が東北新人戦の第3代表に決定しました。

なお、不来方のGK桑原選手は2番手としてPKを蹴り、ゴールを決めています。盛岡商GK羽田選手は不来方の3番手と7番手の選手にPKを決められていますが、一旦は手に当てていたようです。

PK戦は観ていて、心がしびれました。
いつものごとく、筋書きのないドラマでした。
これで、県内の今シーズンの公式戦は終了。
今年も長い冬になりそうです(寂しい)


"県高校サッカー新人戦 第3代表決定戦" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント