第48回岩手県高等学校新人サッカー大会 その6

第48回岩手県高等学校新人サッカー大会

今日は愛車bBを使えず、仙北駅から電車で紫波中央駅に向かった。
仙北駅から電車に乗ったのは、かなり久し振りのこと。
今思えば、北上に転勤していた際、毎日盛岡~北上間を利用。
あれからかなりの月日が経過した・・・・・
県フットボールセンターへ直行、
紫波中央駅からあまりにも近く、
サッカーファンとすれば、
ここに家を建てれば良かったと反省。

準決勝  盛商VS遠野

【盛岡商業のスターティングメンバー】

-----------10根子-----9大澤-----------
---------------------------------------
----18千葉-------------------7釆田 ---
----------------------------------------
-----------13工藤------8吉田------------
----------------------------------------
---3三上-------------------------15澤口--
----------------------------------------
-----------5岩崎-------4小澤-----------
----------------------------------------
------------------21阿部---------------


【遠野高校のスターティングメンバー】

-----------14菊池-----9佐藤---------------
-----------------------------------------
----7佐々木-------------------10小笠原 ----
------------------------------------------
-----------6杉山------8中野---------------
------------------------------------------
-21佐々木-------------------------2小水内-
-------------------------------------------
-----------5関口--------4佐藤-------------
-------------------------------------------
----------------1菊池至-------------------


盛商は前日の準々決勝と同じメンバー。
三上、小澤選手を除き、9人が先日の県選手権・決勝戦に出場。
一方遠野は小笠原、杉山、関口選手の3人が出場。
メンバーだけみれば、盛商の優位は動かないと思うが、
そのとおりに行かないのが高校サッカー。

【盛岡商業の交代メンバー】
3番・DF三上 → 2番DF柴田
7番・MF采田 → 14番FW佐藤
9番・FW大澤 → 11番・FW遠藤
18番・MF千葉 → 6番・MF渡邊

【試合内容】
盛商と遠野の試合はいつも緊張した独特の雰囲気が漂う。遠野のキックで試合が始まる。初シュートは盛商、しかしボールは枠外へ。序盤から盛商が優位に試合を進めるものの、相変わらず遠野の守備は堅く、チャンスは作るものの、決定的なシュートまでは持ち込めない。17分にようやく盛商にチャンスが訪れる。10番・根子選手が相手選手に囲まれるものの、うまく左サイドにパスを出し、ボールを受けた18番・千葉選手が先制ゴールを決める。また、35分には盛商のシュートがゴールバーに当たる不運もあり、勢いは盛商に。ただ、盛商はチャンスはあるもの遠野の堅い守備より、なかなか追加点をあげることができなかった。
後半に入り、3分遠野のフリーキックから流れは遠野に傾く。5分には左のコーナーキックから、ゴールが生まれ同点。それ以降は、盛商は苦しい戦いとなる。一進一退で息詰まるなか時間が経過する。盛商、遠野も選手交代より、チームに流れを変えたいところ、盛商は31分に右サイド15番・澤口選手のパスを受けた、途中出場の14番・FW佐藤選手がゴール右隅にシュートを決める。遠野は残り少ない時間、攻勢に出るものの、盛商の守備がしっかり抑え、終了ホイッスル。(こんな感じでしょうか?)
画像
 
結果、盛商 2 - 1 遠野
遠野に対して、久し振りの勝利である。
それにしても、遠野のGK菊池選手の
数多くのファインセーブは素晴らしかった。
素直に拍手です。


準決勝 市立 0 - 1 中央
前半22分に中央11番・FW舘野選手の右サイドからのミドルシュートが、鮮やかに決まり先制。優位に試合を進めた中央が最後は市立の攻撃を抑え勝利。中央は攻守の切り替えと、左サイドからの攻撃が早く、またゴール前の守備も堅かった。前半は11番・FW舘野選手、後半は10番・MF久保選手、途中出場の23番・FW鈴木選手の活躍が目に付いた。県選手権の試合内容と比較して、戦術、技術、モチベーション等、かなり向上していた。


明日の決勝は盛商VS中央
今日の試合を見る限り、かなりの接戦が予想されます。
盛商の選手は観戦途中で帰られたようですが、
中央はかなり強くなっている・・・・・と。

最後は盛商の2年振り、通算23回目の優勝・・・・・

"第48回岩手県高等学校新人サッカー大会 その6" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント