県高校サッカー新人戦 第3代表決定戦

県高校サッカー新人戦 第3代表決定戦

盛岡商 2 (PK7-6) 2不来方

今年最後の観戦です。
前日の準決勝に敗戦した盛岡商VS不来方の第3代表決定戦。延長1点差で敗戦のチームと7失点での敗戦のチーム 。同じ敗戦ですが、精神的には前者の方がダメージが大きかったと思います。それが今日のゲームにも現れていたように感じました。
前半7分、不来方のシュートはクロスバーに当たる不運も、この跳ね返りのボールを押し込み先制。追いかける盛岡商は25分、不来方の反則より、PKを得る。PKは盛岡商キャプテンCBの宮野選手が確実に決め同点とする。30分、盛岡商のシュートはポストに当たる不運。この後も盛岡商は連続攻撃から勝越しのチャンスはあるものの、不来方の選手の守備の堅さ等から、追加点を奪うことはできなかった。
IMG_4961 (2).JPG
後半35分間で決着が付かず、延長戦に突入。
延長前半5分、盛岡商のシュートがクロスバーに直撃。その跳ね返ってきたボールをFW工藤選手がシュートを決め勝ち越す。しかし延長前半9分、不来方が絶妙なFKからシュートを決め同点とする。

延長の前・後半 終了後、2-2の同点からPK戦に突入。
 盛岡商 ✕○○○○○○○
 不来方 ○○○○✕○○✕
PK戦は盛岡商の先行で始まる。盛岡商の1番目はキャプテン宮野選手。宮野選手はゴール左隅を狙うものの、相手GKが好セーブ。その後両チームとも全員がシュートを決める。盛岡商の5番手,根子選手のPKが成功し4-4。不来方の5番手の選手がPKを決めれば、不来方の勝利であったが、ここで盛岡商GK羽田選手が好セーブし、ここからサドンデス。盛岡商は、6番手の間宮選手、7番手の佐々木選手、8番手の佐藤慎選手が確実に決めるなか、不来方も6番手と7番手も確実に決めたものの、8番手の選手のPKを盛岡商GK羽田選手がまたしても好セーブ。
結果、盛岡商が東北新人戦の第3代表に決定しました。

なお、不来方のGK桑原選手は2番手としてPKを蹴り、ゴールを決めています。盛岡商GK羽田選手は不来方の3番手と7番手の選手にPKを決められていますが、一旦は手に当てていたようです。

PK戦は観ていて、心がしびれました。
いつものごとく、筋書きのないドラマでした。
これで、県内の今シーズンの公式戦は終了。
今年も長い冬になりそうです(寂しい)


県高校サッカー新人戦 準決勝

県高校サッカー新人戦 準決勝

鵜住居復興スタジアムに行ってきました。高校生のサッカーの大会がここで開催されることに感懐深いものがあります。思えばあの2011年3月11日、私は久慈に単身赴任。普段の生活をできることに感謝します。

新人戦、遠野高校のキャプテンはMF菊池選手。吹けよ北風さんのコメントにもありましたが、お目当ての選手のひとり。県選手権大会でもかなり精度の高いキックを蹴っていました。今日のゲームでも攻守にかなり活躍していました。あまり活躍して欲しくなかったのですが(個人的な見解です、遠野の関係者の皆様にお詫びします)

盛岡商 1 - 2 遠野

【盛岡商の先発メンバー】

-----------9工藤--------11蒲田-----------
--------------------------------------------
-------10佐藤航-----------8戸来-----------
---------------------------------------------
------------3大町--------7佐々木----- ---
13根子-------------------------------6間宮
--------------------------------------------
---------5佐藤慎----------4宮野--------
-------------------------------------------------
---------------------1羽田------------------

【交代選手】
19FW小田島・15DF石塚・14MF須藤・20FW関村・2DF工藤 

【試合内容】
前半開始1分、盛岡商FW工藤選手の中央からのシュートが決まり先制。
しかし、その後は遠野が伝統の速攻と堅守で優位にゲームを進め、盛岡商のゴールに迫るシーンが多かったようです。そのなかで遠野の左サイドからの速攻は素晴らしいものがありました。観戦している場所から離れていたため、よくわかりませんかMF栗澤選手でしょうか?
一方、盛岡商はMF戸来選手のCKにCB宮野選手の頭で合わせたシュートや、MF佐藤航選手のクロスにMF戸来選手のシュート等、追加点の好機はありましたがゴールを奪うことができず、盛岡商が1点をリードし前半を終了。
IMG_4950 (2).JPG
後半も、遠野が優位にボールを支配して盛商ゴールに迫りましたが、盛岡商はCB宮野選手を中心に、集中した守備で対抗。しかし 24分、盛岡商は自軍のゴール内での反則から遠野がPKを獲得。蹴るのはキャプテンMF菊池選手。このPKに対して、盛岡商GK羽田選手、一旦はボールを触るものの、ボールの勢いを抑えきれず、ボールはそのままゴールネットを揺らして同点。その後、両チームとも、好機に決めきれずまたしても延長戦に突入。

延長戦の前半10分間はあっという間に終了。そして後半6分、盛商がCKを得て、勝ち越しのチャンスでしたが、このプレーの直後に遠野にカウンターを受け、MF栗澤選手に決勝ゴールを与えてしまいました。CKを得た盛岡商は攻撃重視から、守備が手薄になっていたようです。

開始早々の先制も、これで終わらないのが伝統の一戦。同点に追いつかれ、延長で逆転を許すという、非常に残念な結果に終わりました。

盛岡商が出場しない決勝戦。観戦する気にはなれませんでしたが、第3代表決定戦と2020年最終のゲームということもあり、明日も観戦を決定しました。

県高校サッカー新人戦 準々決勝

県高校サッカー新人戦 準々決勝 

釜石市球技場に行きました。過去に何回か観戦したことはありましたが、隣には釜石高校さんがありました。釜石高校は湊監督さんの影響もありますが、環境に恵まれていることも、チームが強くなった要因の一つと感じます。
今日のゲーム、かなりの接戦が予想されました・・・・・

盛岡商 1 - 0 花巻東

【盛岡商の先発メンバー】

--------------------11蒲田-----------------
---------------------------------------------
-------10佐藤航---15石塚-----8戸来-----
---------------------------------------------
------------3大町--------7佐々木----- ---
13根子-------------------------------6間宮
--------------------------------------------
-----5佐藤慎-----------------4宮野--------
---------------------------------------------
---------------------1羽田------------------

【交代選手】
16MF佐藤・9FW工藤 


【花巻東の先発メンバー】

--------------------10作山-----------------
---------------------------------------------
-------11中村------------------9伊藤------
---------------------------------------------
------------23加藤-------8工藤------------
---------------------------------------------
---------------------5八重樫---------------
2関川-------3遠藤------22及川------6菊池
---------------------------------------------
---------------------1鈴木------------------

【試合内容】
花巻東は先発11人のなかで、ヴェルディ岩手出身の選手が8人、その中で1年生は7人。花東の清水監督は選手にかなり期待しているようです。テクニカルディレクター柱谷さんも大きな声で選手に指示をしていました。
一方、盛岡商の先発出場の1年生は4人、意識してかどうかわかりませんが、かなり気合が入っていたようです。
前半開始から、盛岡商の選手は攻守に積極的なプレーから、花東側でゲームが続きました。そのため、懸念された花東のCKやFC数は少なかった。これは、盛岡商が前線から積極的にプレスを仕掛け、花東の選手に思うようなプレーをさせなかったことが要因と思います。ただ盛岡商が優位にゲームを進めるもの、なかなかゴールを挙げることかできず時間が経過、スコアレスドローで前半を終了。
IMG_4930.JPG
後半、均衡が破れたのは12分、盛岡商MF戸来選手の精度の高いCKを、CB宮野選手が中央からミドルのダイレクトシュートを決め先制。結果、これが決勝点となりました。それにしても、このシュートは素晴らしかった。今シーズン観戦したなかで、ベストシュートではないでしょうか?
CB宮野選手は守備でも体を張ってのプレー、また最終ラインを統率し、キャプテンシーを発揮していました。
そして、盛岡商の2列目の中央でプレーした石塚選手、いつもは守備的な位置でのプレーが多かったと思いますが、今日は先発での出場。ハードワークでの活躍が目立ちました。小柄な選手ですが、一生懸命にプレーしている姿は、素晴らしいものがありました。更なる活躍を強く期待しています。

午後は、あの鵜住居復興スタジアムで、遠野高校との準決勝戦。
県選手権、準決勝のリベンジを期待し移動・・・・・