高校サッカー選手権 岩手県大会 決勝

専大北上 0 - 1 遠野

いよいよ決勝戦、TV・SONY・BRAVIAでの観戦です。

昨日の岩手日報から・・・・・
 連係の専大北上VS堅守速攻の遠野
  ⚽攻撃陣の得点力が鍵⚽


【専大北上の先発メンバー】

-------------20佐藤-------9吉武-----------
14鳥谷部---------------------------10阿部
--------------4鎌田-------7藤原----- ------
19阿部-------------------------------2菅原
--------------5岩渕 ------3伊藤------------
--------------------17及川-----------------

【交代選手】
8MF小原・11MF斎藤・12FW多田

----------------------------------------------

【遠野の先発メンバー】

-------------10平-------13朝日田---------
11小倉-------------9赤坂-----------6菊池
---------------------------------------------
2高山--------------------------------3半田
----------4山蔭----5高橋----15鈴木------
--------------------21山下-----------------

【交代選手】
20FW多田・8MF渡辺・7MF河野 


---------------------------------------------

【試合経過】
前半、遠野のFW平選手の鮮やかな先制ゴールが決勝点になりました。
先発メンバーは両チームとも準決勝と同様、現在のベストメンバーと思われます。
前半13分、遠野FW朝日田選手がセンターサークルからボールをカットし、相手GKの位置を確認してのロングシュートは僅かにゴールを外れる。29分、遠野キャプテンCB高橋選手からのロングパスを、FW平選手が専北CB岩渕選手のディフェンスを振り切り、ゴール右隅に先制ゴールを挙げる。このプレーはあまりにも見事でした。32分、専大北上MF阿部翔選手のシュートは遠野GK山下選手の好セーブ。35分、遠野MF菊池選手の直接FKからの攻撃は追加点を挙げることができず。37分、 専大北上DF鎌田選手の 中央からのミドルシュートはゴール右隅に外れる。続く41分、 専大北上の鎌田選手の精度の高いFKをFW吉武選手の頭からのシュートはゴールポストに嫌われる。そのボールをMF阿部輝選手がシュートを放つものの、遠野GK山下選手が好セーブ。
遠野が1点をリードして前半を終了。

後半29分、専大北上のCKをMF阿部輝選手が頭で合わせたシュートは僅かにゴールを外れる。
アディショナルタイム4分間、専大北上が連続攻撃から遠野のゴールに迫るものの、遠野の堅守もありゴールネットを揺らすことができずゲームは終了。

遠野高校が2年振り29回目の優勝、王座奪還
遠野高校、ここ数年どちらかといえば、攻撃力が注目されていました。今大会を見る限りでは、堅守・速攻のプレーが健在。守備の力強さが目につきました。
今日のゲームの解説者、鳴尾さんのコメントにもありましたが、遠野の選手は攻守に『カバーリングの意識が強い』には納得です。
敗れた専大北上、ショートパスを駆使しての連係プレーは健在。残念な結果に終わりましたが、2年生主体のチームだけに、今週末開催の新人戦は楽しみです(相手チームからすれば、怖さがあります・・・)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 17

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

きく
2020年11月10日 03:01
観戦しました。
遠野高校優勝おめでとう!

遠野高校としては非常に大きな勝利でした。
昨年の盛商戦敗戦からタイトルを取りきれずこの選手権でタイトルを取れなければこのまま低迷期に入りそうな雰囲気がありました。

試合の感想として、正直遠野の歴史というか伝統というか地力が見えた一戦だった印象があります。
専北も上手く、自分たちのスタイルを突き通そうとしていたのは感じられました。しかしそうさせなかった遠野に巧さを感じました。おそらく遠野のとしては早いプレスからの奪取とパスワークでの攻撃はベースとしてあったのだと思います。それを出さずに専北の良さを消すことで専北のペースを作らせませんてした。専北は確かに連係の度合いは高くハマると脅威の攻撃力なのですが連係を封じられた時の対応に意思疎通ができかねていた印象でした。もしかすると遠野が5バックで来ることは想定していなかった可能性もあったのではないかと思っています。4-4-2なんかでミラーゲームだったならば専北の攻撃力が爆発していた可能性もあります。が、そこは一発勝負の決勝戦、戦術、システムに遠野に一日の長があったように思います。

おっしゃる通り、今年の遠野は守備の意識が強い印象があります。根拠はありませんが主将が後ろの位置にいると安定感が増す気がします。何となくですが前線の選手が主将なんかしてると不必要なプレッシャーで攻撃に影響あるような、、、得点シーンがよくクローズアップされますが盛商が全国制覇した時も守備が鉄壁でした。

遠野の得点、平選手のゴールは見事でした。スピードや体の強さといいキレが良かったですね。
そして主将の髙橋選手。存在感には雰囲気がありました。彼が最後方にいる事でチーム全体に安定感が出ていました。最終的に彼が抜かれなかった事が遠野勝利の要因の一つだったのでは、とすら思います。倒れても『大丈夫』というジェスチャーをする事で負けない守備陣の存在感を出していました。得点シーンを見ると平選手へのパスは髙橋選手が出していました。立ち振る舞いや勝負後のインタビューを見ても主将としての立場をしっかりと認識しているように感じました。

専北は2年生が多く若いチームでした。らしさは充分垣間見れましたので今回の決勝戦も含め経験を積んでいくと脅威なのは間違いありません。得点のチャンスを決めきれていれば結果はどうなったのか、考えると改めて嬉しさがこみ上げます。

さあ、次は全国大会です。
髙橋主将の決意の通り、岩手の代表として勝ちきってもらいたいものです。
抽選は16日のようですが、個人的には岡山県代表との対戦になれば、と思ったりしています。過去の対戦で岡山県代表との対戦が多い印象がありいずれも敗れているのでぜひ勝ってもらいたいという気持ちです。

最後まで勝ち残るチーム以外には敗れたチームが数多くあります。選手権は大きな大会であり、特に今年はこれまで以上に大きな意味を持つ大会となりました。それにかける選手たちの想いも強かったと思います。今は気持ちの整理が難しいかもしれませんがまたサッカーをプレイする日々を送ってもらいたいものです。

それでもサッカーは続くのだ⚽️

またよろしくお願いします。


ちなみに私も録画をSONY BRAVIAで観戦です!
吹けよ北風
2020年11月10日 20:08
私は日テレのLIVEで観戦しました。
パソコンの横にはタブレットで青森県の決勝を同時観戦。
こんな観戦方法が出来るなんてありがたいですね。

遠野の勝利は徹底的に専北の戦術を研究した成果の表れと思います。
速いプレスでパスサッカーを封じ込みました。
無論、決定的なピンチも2〜3回ありましたが全員守備でよくしのぎました。
個人的には遠野が上手いサッカーを展開したなと言うのが感想です。
小原監督のコメントでしょうか?専北のブログには負け惜しみ(本人の弁)の大変悔しい思いが綴られていました。
優勝した遠野には専北や盛商、敗退した全てのチームの悔しい思いを胸に刻んで全国大会でも好結果を残して欲しいです。

新人戦も間もなく始まります。
第一シードの遠野は順調に勝ち進めば準決勝でまたしても盛商と対戦します。但し、近年の盛岡誠桜、花巻東もかなりの難敵になりました。お互いしっかり勝ち進んで欲しいものです。

選手権予選を無失点のまま敗退した悔しい思いを遠野戦にぶつけてくることでしょう。トップチーム同士では2年連続で引き分け(PK決着)ですので勝敗の行方が楽しみです。
メンバー表も発表されました。専北は2年生、盛商も1、2年生が多く残ってますが遠野の新チームはどんな感じでしょうか?
新人戦も本当に楽しみです。
シェンタ
2020年11月10日 21:59
きくさん、吹けよ北風さん、
長文コメント、ありがとうございます。

ゆったりとした観戦も良いのですが、やはりこの決勝戦の場に盛商の選手がいないのは寂しい。

決勝戦は予想通りの接戦、好ゲームでした。
FW平・朝日田選手、キャプテン高橋選手の活躍は勿論のこと、中盤の鈴木選手や菊池翔選手の活躍も強く印象に残っています。

今朝の岩手日報には・・・
 遠野 執念の奪還 光る運動量 守り切る
 専大北上 決定力欠く

それにしても遠野の選手は最後まで走り続けました。一方専大北上は、後半に足がつる選手が数名いました。
テクニック以上に、運動量の差を感じたゲームでした。
盛岡商とのゲームでも感じますが、走力含め、プレーの速さに定評があり、また小柄な選手も、当たり負けしない体の強さも感じます。
日常の練習において、走力、筋力トレーニング等にもかなり重点を置いているのでしょうか? 

盛岡中央、盛商、専大北上に勝利しての優勝は、全国大会でも活躍がかなり期待されます。
岡山県は、あの作陽高校が3年ぶり優勝!
遠野とのゲームが実現されるかも?


新人戦、今回は沿岸での開催になりました。
盛岡からは少し遠くなりますが、16・17日の平日も休暇をいただく予定です。
1・2年生の大会、本当に楽しみです。