県リーグ DIVISION 1 リーグ第3節

県リーグ DIVISION 1 リーグ第3節

今日のゲームは開催場所が遠野?、それとも一関?、 迷いました。遠野国体記念Gに到着した時、既に盛岡市立の選手は到着しており、まずは一安心。


盛岡商セカンド 2-2 盛岡市立

【盛岡商業先発メンバー】
 FW 6・25
 MF 29・23・15・17
 DF 30・22・4 ・8
 GK 1

【盛岡商業交代選手】
 31・27・24

【試合経過】
前半開始から、両チームの積極的なプレーから一進一退の攻防が続いた。16分、盛岡市立の守備のミスを逃がさず盛商FW 関村選手が中央からドリブルでボールを持ち込み、相手選手をかわして先制ゴールを挙げる。追いかける盛岡市立、積極的に両サイドを使った攻撃を仕掛け、盛岡商のゴールに迫る。押し込まれる盛岡商、最終ラインのキャプテンマークを付けたCB菊地選手と右SB井上選手の堅守等から、盛岡市立にゴールを与えず前半を終了。
IMG_4835 (2).JPG
後半も盛岡市立が積極的な攻撃を仕掛けてゲームを支配する。盛岡商は前半と比較して運動量が少し落ち、セカンドボールを支配される場面が多くなったようです。9分、盛岡市立がゴールを挙げ同点。16分、盛岡市立の決定的なシュートはゴールポストに当たる不運。しかし、22分、盛岡市立は速いパス回しを起点に逆転ゴールを挙げる。盛岡市立の逆転から、このままゲームは終了と思った直後、27分盛岡商のカウンターから、最後はMF石塚選手?がシュートを決め同点とする。その後、両チームとも選手を交代させ勝ち越しを狙うものの、決めきれずゲームは終了。盛岡商は特に後半、盛岡市立の攻撃に押し込まれるなか、同点に追いつき、終了間際に逆転?と思わせるプレーもあり、好ゲームでした。