県リーグ DIVISION 1 リーグ第5節 (最終節)

県リーグ DIVISION 1 リーグ第5節 (最終節)

今日の盛岡商の選手は、トップチームではなく、先週の高円宮杯 JFA U-18サッカースーパープリンスリーグ 最終節、VS聖和学園に出場した選手が主体。一方対戦相手は7月26日、リーグ戦の前半4節で 盛商2ndチームが0-4で敗戦した江南義塾。
リーグ最終節から、何とか勝利を期待しての観戦でした。

盛岡商 3-0 江南義塾

【盛岡商業先発メンバー】
 FW 43・18
 MF 10・37・11・8
 DF  46・22・47・16
 GK  1

【盛岡商業交代選手】
 4・15・6・25

【試合経過】
前半開始から両チーム、積極的にドリブル、CK、FK等を起点に攻撃を仕掛ける好ゲーム。17分、江南義塾の左からのシュートは惜しくも枠を外れる。ここから前半終了までの時間帯は、プレーの速さに勝る江南義塾が、優位にボールを支配していたようです。一方、盛岡商も攻撃を仕掛けるものの、連携してゴールに迫るプレーは少なかったようです。両チーム、先制点を挙げることができず、スコアレスで前半を終了。
IMG_4855.JPG
後半、盛岡商のキックでゲームが始まる。6分、盛岡商の右サイドから中央にボールが渡り、最後はFW工藤選手がヘッドで先制。鮮やかな連係プレーからのゴールでした。続く22分、盛岡商は右クロスからボールを受けた左SHの平選手が追加点。更に24分、後半23分に交代出場のFW菊池選手が縦パスを受け、中央からのシュートを決め突き放した。41分、追いかける江南義塾のクロスボールはそのまま盛岡商のゴールポストに当たる不運。その後まもなくして、主審から終了ホイッスルが吹かれゲームは終了。
盛岡商の先制ゴールが、その後のゲームの流れを大きく変えたようでした。

来週土曜日は、高円宮杯 JFA U-18サッカースーパープリンスリーグの順位決定戦、盛岡商VS聖光学院(A・B組の6位)が、いわぎんスタジアムで開催されるようです。

県リーグ DIVISION 1 リーグ第3節

県リーグ DIVISION 1 リーグ第3節

今日のゲームは開催場所が遠野?、それとも一関?、 迷いました。遠野国体記念Gに到着した時、既に盛岡市立の選手は到着しており、まずは一安心。


盛岡商セカンド 2-2 盛岡市立

【盛岡商業先発メンバー】
 FW 6・25
 MF 29・23・15・17
 DF 30・22・4 ・8
 GK 1

【盛岡商業交代選手】
 31・27・24

【試合経過】
前半開始から、両チームの積極的なプレーから一進一退の攻防が続いた。16分、盛岡市立の守備のミスを逃がさず盛商FW 関村選手が中央からドリブルでボールを持ち込み、相手選手をかわして先制ゴールを挙げる。追いかける盛岡市立、積極的に両サイドを使った攻撃を仕掛け、盛岡商のゴールに迫る。押し込まれる盛岡商、最終ラインのキャプテンマークを付けたCB菊地選手と右SB井上選手の堅守等から、盛岡市立にゴールを与えず前半を終了。
IMG_4835 (2).JPG
後半も盛岡市立が積極的な攻撃を仕掛けてゲームを支配する。盛岡商は前半と比較して運動量が少し落ち、セカンドボールを支配される場面が多くなったようです。9分、盛岡市立がゴールを挙げ同点。16分、盛岡市立の決定的なシュートはゴールポストに当たる不運。しかし、22分、盛岡市立は速いパス回しを起点に逆転ゴールを挙げる。盛岡市立の逆転から、このままゲームは終了と思った直後、27分盛岡商のカウンターから、最後はMF石塚選手?がシュートを決め同点とする。その後、両チームとも選手を交代させ勝ち越しを狙うものの、決めきれずゲームは終了。盛岡商は特に後半、盛岡市立の攻撃に押し込まれるなか、同点に追いつき、終了間際に逆転?と思わせるプレーもあり、好ゲームでした。

県リーグ DIVISION 1 上位リーグ第2節

県リーグ DIVISION 1 上位リーグ第2節

盛岡商高 5-0 遠野高校

【盛岡商業先発メンバー】
 FW 43・48
 MF 13・10・39・35
 DF 16・11・46 ・8
 GK 1

【交代選手】
 37・18・49・34

【遠野高校先発メンバー】
 FW 11・57
 MF 20・56・82・80
 DF 73・33・14・61
 GK 21

【ゲームの経過】
遠野の先発メンバーは、先週のVS盛岡中央とほぼ同一。これがセカンドチームのベストメンバーでしょうか?。盛商とすれば前節のゲーム内容から、今日も厳しいゲームが予想されました。
前半から遠野はいつものとおり、攻守に速いプレーと正確なパス回し、そしてフィジカルパワーを生かしてゲームを優位に進め、盛商ゴールに迫った。盛商は小さな守備のミスもあり、遠野に先制を許すようなゲーム展開。7分、盛商MF間宮選手の左サイドから放ったミドルシュートは惜しくもゴールポストに当たる(残念) 。しかし14分、盛商MF間宮選手の右サイドから、ゴール前へのクロスをFW蒲田選手が足で合わせて先制ゴールを挙げる。続く18分、盛商は右サイドからMF間宮選手のクロスをFW工藤選手がゴール右隅に決め追加点。更に19分、盛商MF平(龍)選手が縦へのドリブルから中央でゴールを決め突き放す。一方遠野は44分、決定的なチャンスから放ったシュートは 盛商GK羽田選手が好セーブ。盛商が1年生の2ゴールを含め、3得点を挙げて前半を終了。
IMG_4832 (2).JPG
後半1分、盛商の守備ミスから、遠野にオウンゴールを与えるようなプレー、これを盛商の守備陣がボールをクリアーする。9分、盛商のボールをつなぐ連続プレーからシュートを放つものの、遠野GKが好セーブ。遠野は13分と21分にゴールチャンスが訪れたものの、盛商GK羽田選手の好セーブ等もあり、ゴールネットを揺らすことはできなかった。22分、遠野は3選手を同時に交代出場させ反撃を狙う。しかし、反対に盛商が34分、途中出場FW根子選手の右クロスをFW工藤選手がシュートを決める。更に34分、盛商のシュートを遠野GKが一旦はセーブも、このこぼれ球をFW根子選手がゴールを決める。その後、両チームともゴールチャンスは数回訪れたものの、決めきれずゲームは終了。

いつものとおり、ボールを優位に支配したのは遠野でしたが・・・・・
盛岡商の次節以降のゲームが楽しみになりました。