プリンスリーグ東北 第14節

先月下旬に第98回全国高等学校サッカー選手権・県大会の組み合わせが決まりました。盛岡商は3回戦で黒沢尻北、準々決勝で盛岡市立との対戦が予想?されます。なお、準々決勝の4試合は遠野で開催されるようです。
遠野高校の7連覇、もしくは専大北上の初優勝が予想されるなか、盛岡商の平成23年90回大会以来の優勝を、強く期待しています。


前節、青森山田セカンドに6失点で敗戦の盛岡商。試合の詳細は不明ですが、今後のゲームに影響がなければと思います。リーグ戦も今日のゲームを含めてあと5試合。残暑のなか、90分間集中力を持って好ゲームを期待しての観戦です。


プリンスリーグ東北 第14節

盛岡商 2– 0 秋田商業

【盛岡商の先発メンバー】

---------------10山田-----9羽田-----------
---------------------------------------------
24佐藤航------7伊藤-----6欠畑-----8林下
----------------------------------------------
23佐藤慎------3中村-----4金野-----2村上
----------------------------------------------
---------------------1本田-----------------

【盛岡商の交代選手】
22DF宮野・17DF高山・18MF佐々木・26MF戸耒・5MF葛城

【試合経過】
盛岡商が後半2ゴールを挙げ、勝点3を獲得しました。
両チームとも攻撃では、両サイドを広く使ってのプレーが多かったようです。前半はどちらかといえば盛岡商が優位にゲームを進めていたように感じましたが、秋田商の好守もあり、なかなか決めきれず時間が経過。38分、秋田商のミドルシュートに、盛岡商GK本田選手が好セーブ (このプレーは大きかった) 前半終了間際に、盛岡商の連続攻撃によるシュートに対して、秋田商の堅守等もあり、スコアレスドローで終了。
IMG_4475 (2).JPG
後半開始から、盛岡商は負傷のMF伊藤選手に代わって、DF宮野選手が交代出場。両チーム、一進一退の攻防が続いた。10分、盛岡商はMF佐藤航、DF佐藤慎選手の代わりに、DF高山、MF佐々木選手が交代出場。22分、FW羽田選手が左サイドをドリブルで駆け上がり、ゴール前中央に絶妙なパスを送り、FW山田選手が先制ゴールを挙げる。さらに32分、盛岡商MF欠畑選手の左コーナーキックを起点とした空中戦、最後に決めたのは途中出場のMF佐々木選手。2点をリードした盛岡商、40分にCB金野選手の今日2枚目のイエローカードで退場(残念)。ここから盛岡商は1人少ない10人でのプレーとなる。人数的に優位となった秋田商業に対して、盛岡商は約8分間、秋田商の攻撃を凌いでゲームは終了。

盛岡商は後半10分過ぎに、運動量が少し落ちてきたように感じたましたが、交代出場の5選手がよくカバーしてくれました。後半26分、盛岡商FW羽田選手のキレのあるドリブルから、ゴールに向かって相手選手を交わして気迫あるプレーは(ゴールには至らなかったものの)、近くで観戦していて、素晴らしいものがありました。
次節、負傷のMF伊藤選手と出場停止のCB金野選手の不安は残りますが、今日の後半のようなゲームを、強く期待しています。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ヒロ
2019年09月07日 21:42
なんか硬かったですよね。せんきたの監督さんも見てましたし!
シェンタ
2019年09月08日 14:06
ヒロさん、コメントありがとうございます。
確かに、特に前半はプレーで硬さが見えていました。
ただ、先制してからは、いつものプレーが出ていたようです。
試合慣れはしていても、個々の体調の問題もあるでしょうし、必ず勝ちたいという気持ちもあったことから、硬さがでたのかもしれません。

小原監督は今日も、つなぎでゲームを観戦していたようです。