インターハイ サッカー競技 最終回

インターハイ・サッカー競技
 初戦、盛商に快勝した草津東は3回戦で立正大淞南にPK敗戦したものの、試合内容では相手チームを上回っていたようです。そして、立正大淞南は準決勝で敗れはしたものの堂々3位。なお、草津東は滋賀県の公立高校、選手17人は全員地元の選手、これも素晴らしいことです。
 高校総体は猛暑のなか、優勝まで7日間で5~6試合。決勝戦は多くの方が予想した通り、東福岡VS市立船橋。前回優勝の東福岡と前々回優勝の市立船橋、両チームともプレミアリーグに参加している。2年連続優勝を目指す東福岡か、それとも死のブロック?を勝ち抜いた市立船橋か、非常に興味のある一戦。結果、夏の王者に輝いたのは東福岡。それにしても1-1の延長、そしてPK6-5はあまりにも壮絶なゲームだったようです。個人的には、PKではなく、再延長のVゴール方式の方が、しかし選手はかなりの疲労があるだろうし、それを考慮すれば、選択に迷うところです。
 高校総体から帰ってきた盛商は一日お休みの後、また遠征に出かけたようです。高校総体の敗戦をもとに、更にレベルアップし、強い盛商に帰って来て欲しいと思います。
 
プーマカップ 遠野 1ー0 京都橘
 時間がかなり経ってしまいましたが、青白ファンさんからコメントをいただいていたプーマカップの情報です。京都橘、前橋育英、聖和学園、仙台育英、東北学院、日大山形、八戸光星、県内から遠野、不来方、盛岡市立、一関二他、48チームで開催されたプーマカップ。遠野高校は予選リーグで京都橘に惜敗したものの2勝1敗となり、2位で決勝トーナメントに進出。16チームでの決勝トーナメントでは順調に勝ち進み、決勝は予選リーグで惜敗の京都橘にリベンジ。遠野高校は平成18年の第9回大会以来、2回目の優勝。これは素晴らしい、羨ましい限りです。
 


J 3リーグ第25節
前節、ホームでいただいたポスターです。今季のホームでの試合はあと7試合のみ。 松田キャプテンが一番大きく写っていました。
画像


前節、グルージャ盛岡はホームで首位独走の山口を相手に攻勢も、終盤ペナルティーエリア内での反則からPKを決められ惜敗。序盤から勝利を予感させる内容だっただけに、非常に残念でした。アウエーで富山との対戦はどうなったか。
結果のみ・・・・・

グルージャ盛岡 0 - 1カターレ富山

グルージャ盛岡はFW谷口選手の1トップ、中盤を5人の布陣。刻々と時間が経過するなか、45+2分に富山の長身DF内田選手にやられたようです。高さのある内田選手、コーナーキックからのヘッド?でしょうか。
この悔しさは、次節のホームでプラウブリッツ秋田に・・・・・

いつもながら、先々週、先週同様、高校サッカーの観戦のない週末は寂しい・・・・・
にほんブログ村 サッカーブログ 高校サッカーへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック