県リーグ DIVISION 1A 第2節

県リーグ DIVISION 1A 第2節

先週の県リーグ DIVISION 1A 開幕戦、盛岡商VS盛岡中央のゲームは、厳しい結果になりました。今日のゲームに影響がなければと思いつつ、無観客試合?の盛商側のゴール付近での観戦。

盛岡商 3-0 グルージャユース

【盛岡商の先発メンバー】

-------------10蒲田-----8戸来------------
11佐藤航-----------------------------13下又
--------------7伊藤------6佐々木央----- ---
5佐藤慎-------------------------------2間宮
--------------3中村 -----4宮野--------------
--------------------1羽田--------------------

【交代選手】
 16・9・15・14・17・18

【試合経過】
盛岡商の中田監督は先発に1年生のFW・MF・DFの3人を起用しました。これには少し驚きでした。確かに早い時期から経験させたい気持ちはわかりますが、前節の結果から、これはなかなかできることではないかも? 少し不安を持っての観戦でしたが、結果は? 
前半1分と10分に盛岡商の決定的な?シュートは、惜しくもゴールネットを揺らすことができず。しかし28分、盛岡商FW戸来選手のドリブルからゴールに向かう積極的なプレーに対して、グルジャユースのディフェンス陣が痛恨のファール。これに対して盛岡商MF伊藤選手がPKを確実に決め先制。追いかけるグルージャユースは前半終了間際、中央突破からシュートを放ち同点ゴールが生まれる? しかし、このプレーに対して主審はオフサイド?としてゴールを認めず、盛岡商がこのまま1点をリードし前半を終了。
IMG_4771 (2).JPG
IMG_4772 (2).JPGIMG_4778 (2).JPG
IMG_4779 (2).JPG
後半17分、盛岡商がコーナーキックを起点に、CB宮野選手から好パスを受けた、後半途中出場のキャプテンFW村上選手が確実にシュートを決め追加点。更に終了間際に後半途中出場の 盛岡商FW柏木選手の好パスを受けた、FW戸来選手が確実にシュートを決め突き放した。一方、グルージャユースは30分過ぎに2度のシュートを放つものの、盛岡商GK羽田選手が好セーブを魅せ、グルージャユースを完封。

盛岡商、開幕戦敗戦の影響はなかったようです。しかし、前半の早い時間帯に2度の惜しいシュートがあり、この時に決めていれば、もう少しゲームの内容は変わっていたかもしれません。
盛岡商トップチーム、次節はお休みになります。そして4節は不来方との試合、ただ、平日から観戦できません。休日に試合して欲しかったです。


"県リーグ DIVISION 1A 第2節" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント