高円宮杯U18サッカーリーグ2020

県リーグ DIVISION 1A 第1節

先週の岩手県U18サッカー大会の準決勝、盛岡商VS盛岡中央は70分で決着が付かず、PK戦での勝負となりました。今日のゲームは同一カードでの対戦から、好勝負が期待されましたが・・・・・

盛岡商 0-6 盛岡中央

【盛岡商の先発メンバー】

--------------8戸来----9村上-------------
10佐藤-----------------------------11下又
--------------7伊藤----6山口----- --------
13高山-----------------------------17間宮
--------------5佐藤 ---3中村--------------
--------------------1羽田------------------

【交代選手】
 18・17・19・20・2・14

【試合経過】
盛岡中央が前半3得点、後半も3得点と計6得点の圧勝でした。
盛岡商の前半の3失点はどちらかといえば守備によるミスが要因していたように感じました。反対に後半の3失点は盛岡中央の攻撃力が目立ちました。後半20分以降は盛岡商にかなり惜しいシュートが続きましたが、決めきれずゲームは終了。
IMG_4768 (2).JPG
今日のような大雨のなかでのゲームはここ数年記憶にありませんが、盛岡商のトップチームが公式戦で県内のチームを相手に6失点も記憶にありません。盛岡中央は先週の惜敗を糧にし、気持ちを前面に押し出して、攻守に積極的なゲームを展開していました。後半21分、盛岡商FW戸来選手の決定的なシュートを盛岡中央の選手がゴール線上で体を張ってのプレーはあまりにも見事でした。また、盛岡中央の先発出場12番GKの選手の攻撃的な守備も、なかなかのものでした。

盛岡商は大量失点失点から、90分間で多くの選手交代がありました。そのなか、90分間フル出場し、悪天候にもマケズ、気持ちを前面に押し出して、頑張ったプレーを見せてくれた選手もいます。
次節のVSグルージャ盛岡ユース、今日の敗戦を生かしてのゲームを強く期待しています。


 

"高円宮杯U18サッカーリーグ2020" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント