県リーグ DIVISION 1 リーグ第3節

県リーグ DIVISION 1 リーグ第3節

今日のゲームは開催場所が遠野?、それとも一関?、 迷いました。遠野国体記念Gに到着した時、既に盛岡市立の選手は到着しており、まずは一安心。


盛岡商セカンド 2-2 盛岡市立

【盛岡商業先発メンバー】
 FW 6・25
 MF 29・23・15・17
 DF 30・22・4 ・8
 GK 1

【盛岡商業交代選手】
 31・27・24

【試合経過】
前半開始から、両チームの積極的なプレーから一進一退の攻防が続いた。16分、盛岡市立の守備のミスを逃がさず盛商FW 関村選手が中央からドリブルでボールを持ち込み、相手選手をかわして先制ゴールを挙げる。追いかける盛岡市立、積極的に両サイドを使った攻撃を仕掛け、盛岡商のゴールに迫る。押し込まれる盛岡商、最終ラインのキャプテンマークを付けたCB菊地選手と右SB井上選手の堅守等から、盛岡市立にゴールを与えず前半を終了。
IMG_4835 (2).JPG
後半も盛岡市立が積極的な攻撃を仕掛けてゲームを支配する。盛岡商は前半と比較して運動量が少し落ち、セカンドボールを支配される場面が多くなったようです。9分、盛岡市立がゴールを挙げ同点。16分、盛岡市立の決定的なシュートはゴールポストに当たる不運。しかし、22分、盛岡市立は速いパス回しを起点に逆転ゴールを挙げる。盛岡市立の逆転から、このままゲームは終了と思った直後、27分盛岡商のカウンターから、最後はMF石塚選手?がシュートを決め同点とする。その後、両チームとも選手を交代させ勝ち越しを狙うものの、決めきれずゲームは終了。盛岡商は特に後半、盛岡市立の攻撃に押し込まれるなか、同点に追いつき、終了間際に逆転?と思わせるプレーもあり、好ゲームでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた

この記事へのコメント

きく
2020年09月13日 01:17
お疲れさまです。

今節はまたもや観戦叶わず、合間にこまめにネットをチェックする1日でした。

盛商セカンドのレポートを読む限りでは後半運動量が落ちつつも同点に追いつくところは盛商の底力と意地が感じられます。こういうゲームを勝ちきれるようになってくると......ますます脅威を感じます。
トップチームはアウェイの尚志戦で1-1と引き分けました。
キャプテンの村上君が先制ゴールをあげたのはさすがです。直後に追いつかれたのは残念でしたが、しっかり戦えている、という印象を受けました。(観てないですけどね^^;)

一方、遠野はスーパープリンスリーグではアウェイで王者青森山田戦。県リーグではこれまたアウェイ(扱い)で江南義塾戦。セカンドはまたまたアウェイ(扱い)の盛岡中央戦でした。
結果は0-5、2-1、2-0と全試合で敗戦という悔しいものでした。
観ていないのであえて細かいコメントはしませんがスケジュールによるメンバー編成の難しさがあったのか、単純にトップチームからセカンド、サードまでの差が明確なのか敗戦の要因を確認しておく事が必要だと思います。

それにしても今シーズンが特殊なシチュエーションとはいえチームのやり繰りに頭を悩ますシーズンになりそうです。
選手を多く使える一方、そのぶんの選手を見て管理していかないとならないとなると監督さんやコーチの方々もまた今までとは違ったシーズンになりそうです。

全くの私見ですが今行われているスーパープリンスリーグ、県リーグは選手権で勝ち抜くために必要な経験だと思っています。特に今年に限っては!

次節遠野はトップチームがアウェイでモンテディオユース戦、県リーグではセカンドが江南義塾戦(今節の敗戦を倍返ししてほしい!)
盛商はトップチームがアウェイで仙台育英戦、県リーグではトップチームがアウェイで盛岡中央戦、セカンドがホームでグルージャユース戦です。
目白押しですね!
次節も観に行けそうにありません😭

各試合ネット配信とかならないですかね......

またよろしくお願いします。
シェンタ
2020年09月13日 19:59
きくさん、コメントありがとうございます。

盛岡市立さんは先発の背番号と後半の交代選手数等をみても、かなり勝利にこだわった選手の起用と思います。
結果的に2-2の引き分けに終わりましたが、試合内容は盛岡市立さんが、かなりゲームを支配していました。
特に後半、盛商ゴール近くでの攻防は、盛商1年生GKに対して、かなりのプレッシャーをかけてきたゲームでした。
セカンドチームはリーグ戦の前半、足が止まったようなプレーがみられましたが、最近のゲームではそのようなプレイは少なくなったようです。

スーパープリンスリーグにおいて、盛岡商キャプテン村上選手の先制ゴールはかなり嬉しいものがあります。ここまで自分自身が描いたようなブレーはできなかったかも? そういう意味で次節以降、村上キャプテンの活躍を楽しみになりました。

ところで・・・・・
残念ながら19日(土)は私用で観戦は難しいようです。
それにしても同日3会場で開催されることは。部員数が50数名の盛岡商からすれば、非常に厳しいものがあります。
そのため、ネットでの朗報を期待したいと思います。
その代わりにスーパープリンスリーグの最終節はなんとか観戦したいと思います?