県リーグ DIVISION 1A 第5節

県リーグ DIVISION 1A 第5節

盛岡商 5-1 遠野セカンド

【盛岡商の先発メンバー】

--------------9村上-----8戸来------------
11佐藤航------------------------------6下又
--------------7伊藤----10欠畑--------------
5佐藤慎-------------------------------2高山
--------------3中村------4宮野--------------
--------------------1羽田--------------------

【交代選手】
15・13・17・14・16・18 

【試合経過】
前半22分、盛岡商の小さな守備ミスを遠野がこのプレーを逃さず、ボールをカットして、そのままシュートを放ちあっという間に先制。追いかける盛岡商、32分にMF佐藤航選手のシュート(シュートが選手に当たってコースが変わったかも?)から同点ゴール。その直後、盛岡商はキャプテンFW村上選手を1年生のFW蒲田選手に交代させる。35分、盛岡商の放った勝ち越しシュート?を、遠野GKが好セーブ。前半45分、両チームの好ゲームは1-1で前半を終了。
IMG_4793 (2).JPG
後半、主導権を握ったのは盛岡商。11分、盛岡商MF下又選手の右サイド縦へのドリブルからゴール前に絶妙なクロス、これを前半途中出場のFW蒲田選手が足で合わせてシュートを決め逆転。続く20分、遠野ゴール前で右クロスを受けたMF佐藤航選手が3点目のゴールを挙げる。更に29分、CKを起点にCB宮野選手がゴールを決め4点目。そして42分、FW蒲田選手の縦へのドリブルから個人技でシュートを放ち5点目。終了間際、後半途中出場 右SH間宮選手のミドルシュートは、ゴールポストに嫌われた(残念)。その後、間もなくして主審から終了のホイッスルが鳴く。

盛岡商、今日のゲームは・・・・・
途中出場の1年生の活躍も大きかったようです。
終わってみれば、点差から盛岡商の快勝でしょうが、
前半はゲーム内容が、かなり拮抗していました。
遠野の自慢の堅守・速攻スタイルは今年も健在。
盛岡商の選手から、早いプレスでボールを奪い
攻撃に繋げるプレーは、いつもながら、
目を見張るものがありました。
そして、当たり負けしないプレー、これも素晴らしい。
これがトップチームの相手だったら、どうなったか予想できません。

リーグ戦の後半は、トップチーム同士の対戦が予定されています。今日の経験を生かして欲しいです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

きく
2020年08月01日 23:36
観戦お疲れさまでした。

一次リーグ(?)の最終戦、今月後半からの順位決定リーグに向けても大切な一戦になります。

私もグループBの上位対戦の好カード、遠野vs専北を観戦したかったのですが会場の一関までは時間的に間に合わなく叶いませんでした。
その代わりと言ってはですが、赤崎グランドで行われた不来方vsグルージャユースを観戦しました。
グループの中では下位の両チームですが、不来方は今年から長谷川監督が就任し、グルージャはプロチームのユースという事でこれからに向けてのチェックを兼ねての観戦でした。
前半30分くらいからの観戦でしたがその頃には既に不来方が2得点でリードしている状況でした。
何故か両チームのベンチが駐車場側にありました。
せっかくなので長谷川監督のいる不来方側で観戦しました。
試合は一進一退の攻防でしたが監督の叱咤激励による(?)ゴール前での圧力の回数が多かった分、不来方が得点を重ねました。
長谷川監督も時には苦笑いしながらも頻繁に指示を出し、選手たちに戦い方を植え付けようとしている印象でした。監督の指導を受けながら個人でも努力を続けて行けば不来方も近い将来、競合として台頭してくる可能性は充分にあります。
一方グルージャユースですが、個々の技術はあるものの連動性やゴール前の迫力が感じられなかった気がします。プロチームのユースである以上、それなりのクオリティが期待されるのですが....詳しくはわかりませんがチームとしてのトレーニング時間が充分に取れていないのかなとも思いました。
両チームとも随所に良いプレーが見られましたし、やりたいプレーの意図も感じる部分がありました。しかしながらやり切れない部分も多く目立ち、そういった点では盛商や遠野は高いレベルで実践しているのを知りました。

順位決定リーグが楽しみではありますが、今日知った情報では同じ時期にスーパープリンスリーグなるものが行われるようです。状況から実際に行われるかどうか不透明ですが開催されるとなると遠野と盛商はどうなるのでしょうか。
グループ分けを見た限りだと遠野は厳しい戦いを強いられそうです。それでも選手たちにすれば自分たちより強い相手と戦う事で得られる経験値は大きなものになると思います。

健康が第一ですが、みなさん無事に最後まで戦い抜いてほしいです。

サッカー愛が止まらない!

またよろしくお願いします⚽️
シェンタ
2020年08月02日 13:30
きくさん、情報含め、コメントを
ありがとうございます。

私も遠野vs専北を観戦したかったのです。
U18大会の準々決勝、PKでの敗戦から、1-0のスコアでの勝利は大きいものがあります。ゲームの内容が気になります。

県リーグの5節が終了し、後半のリーグ戦の上位グループは遠野、盛岡中央、盛商、江南義塾、そして3位の上位グループということで、勝点から遠野セカンドになるということでしょうか? 専大北上さんは下位グループでのリーグ戦? 公式戦でトップチームとセカンドチームとの対戦もあるということでしょうか?
いずれにせよ、後半の初戦、8月29日の第6節は、B1位とA2位 が対戦から、いきなり、遠野VS盛商ということでしょうか。

グルージャユースはU18大会の3回戦で不来方と対戦し1-0の勝利でしたが、昨日のゲームでは不来方が雪辱。やはり、長谷川監督の指導と叱咤激励が、大きかったのではないでしょうか。
一般的にクラブチームは高校のチームと比較して、全員が集合しての練習時間は少ないのかもしれません。

スーパープリンスリーグ2020東北は2グループ各6チームでの開催から、順位決定戦を含め1チーム6ゲームということでしょうか?
青森山田のトップチームをはじめ、全国レベルの強豪チームが出場から、かなり厳しいゲームが予想されます。が、強豪チームとのゲームの経験は大きな財産にもなります。これが秋の選手権に向けてのステップにもなります。
県リーク戦もこの大会も来年のリーグの出場資格に影響はないとのことから、勝敗を気にせず、監督さんはレギュラー選手以外の1・2年生の選手を、どんどん起用して欲しいです。

引き続き、情報交換をお願いします。