県リーグ DIVISION 1B 第4節

県リーグ DIVISION 1B 第4節

遠野国体記念公園市民サッカー場に行ってきました。いつのまにか、Bグランドも立派な人工芝になりました。

前節出場のFW柏木、MF平慎・下又・山口・平龍、DF高山選手は欠場。今日は2年生が8人(?)先発のようでした。 FW2トップは八角・関村選手、CBは菊池・根子選手、右SHは井上選手・・・・・

盛岡商セカンド 0-4 江南義塾

【盛岡商の先発メンバー】

FW 10・11
MF 8・7・6・9
DF 3・4・5・2
GK 1

【交代選手】
 13・16・15・14

【試合経過】
プレーの速さと運動量に勝る、江南義塾の快勝でした。
前半4分、盛岡商FW関村選手のシュートは左ポストに当たる不運。一方、江南義塾は16分、右サイドから好クロスに頭で合わせて先制。更に28分、右CKを起点にゴール前の密集からシュートを決め追加点。そして、43分にもシュートを決め盛岡商を突き放した。前半終了間際、盛岡商FW関村選手のシュートは僅かにゴールの左に外れた。
IMG_4789 (2).JPG
後半開始から、盛岡商は2人を交代出場、FW2トップは交代出場の下田選手とCBから変更の根子選手。両チーム一進一退の攻防が続いたが、終了間際に江南義塾がゴールを挙げ、ゲームは終了。

盛岡商は江南義塾にセカンドボールを支配され、思うようなプレーができなかったようです。そして、相手選手のボールを見て足が止まっているようなプレーも・・・・・


ルーキーリーグ東北 


ルーキーリーグ東北
1年生選手の活躍を楽しみに、岩手町総合グランドに行ってきました。
ここのグランドは過去に東北プリンスリーグ等が開催されていました。最近、ここでのサッカー観戦はありませんでしたが、国体のホッケー観戦以来です。それにしても無観客試合、そしてこのグランドから、かなり遠くからの観戦になりました。そのため、背番号の間違いにはお許し願います。それにしても、無観客試合は早く解消していただきたいです。

盛岡商業 5-0 羽黒高校

【盛岡商の先発メンバー】
FW 16・11
MF 17・5・7・3
DF 13・15・6・14
GK 1

【交代選手】
2・4・8・10・18
【試合経過】  
2トップのFW蒲田・工藤選手の5ゴールの活躍から、盛岡商の快勝でした。
前半3分、盛岡商FW工藤選手の左クロスからボールを受けたFW蒲田選手の先制ゴールが決まる。続く8分、盛岡商FW蒲田選手の羽黒高校ゴール前の密集からシュートを決め追加点。9分、盛岡商MF月折選手の左クロスを FW工藤選手がシュートを決め突き放す。序盤に3点をリードした盛岡商、(序盤のリードしたことから間延びした訳ではないと思いますが)、その後は羽黒高校に押し込まれるシーンが数回をありました。これに対して、盛岡商はボールを持った羽黒高校の選手に対して、時間をかけず数人で体を寄せる積極的なプレーで対抗。結果として、ゴールを与えなかったことが前半を優位にゲームを進めることができた要因と思います。
DSC_0169 (2).jpg
後半、4分と5分に盛岡商FW工藤選手のゴール中央から連続ゴールが決まる。10分以降はゲームの流れは羽黒高校に傾き、盛岡商の左サイドを突破されるシーンが数回ありました。また、羽黒高校は個人技のテクニックで、ドリブルから盛岡商のゴールに迫る場面が数回ありましたが、盛岡商の交代選手の活躍もあり、羽黒高校の攻撃を抑えゲームは終了。
両チーム、点差程の差は感じられませんでした。やはり、前・後半の早い時間のゴールが大きかったようです。

県リーグ DIVISION 1B 第3節

県リーグ DIVISION 1B 第3節

専大北上を相手に盛岡商セカンドが守備で我慢のサッカーできるか注目しての観戦。しかし、専大北上の選手の背番号を見ると17番FW、他は20番台~80番台の選手でした。

盛岡商セカンド 3-3 専大北上

【盛岡商の先発メンバー】

-------------9八角-----11柏木------------
10平慎-----------------------------7下又
--------------6山口------8平龍----- ---
3高山-------------------------------2井上
--------------5石塚 -----4根子--------------
--------------------1本田--------------------

【交代選手】
 13・15・19

【試合経過】
前半3分に専大北上が先制。追いかける盛岡商、6分にFW柏木選手、9分にMF下又選手のゴールで逆転。しかし、専大北上に28分同点ゴールを許すと、更に32分に逆転ゴール与える。終了間際に盛岡商MF平慎選手のゴールが決まり、前半を3-3で終了。
IMG_4786 (2).JPG
後半、両チームともPKを獲得しましたが、GKの好守に阻まれ、ゴールネットを揺らすことができずゲーム終了。

攻撃面では左右の広いスペースを使い、速攻を仕掛ける盛商の伝統の形を作ることができたようです。ただ、守備面では相手選手に対してプレスが弱く、足が止まったようにも見えるプレーは気になりました。

次節は攻守において(特に守備)、積極的なプレーを望みます。

県リーグ DIVISION 1A 第2節

県リーグ DIVISION 1A 第2節

先週の県リーグ DIVISION 1A 開幕戦、盛岡商VS盛岡中央のゲームは、厳しい結果になりました。今日のゲームに影響がなければと思いつつ、無観客試合?の盛商側のゴール付近での観戦。

盛岡商 3-0 グルージャユース

【盛岡商の先発メンバー】

-------------10蒲田-----8戸来------------
11佐藤航-----------------------------13下又
--------------7伊藤------6佐々木央----- ---
5佐藤慎-------------------------------2間宮
--------------3中村 -----4宮野--------------
--------------------1羽田--------------------

【交代選手】
 16・9・15・14・17・18

【試合経過】
盛岡商の中田監督は先発に1年生のFW・MF・DFの3人を起用しました。これには少し驚きでした。確かに早い時期から経験させたい気持ちはわかりますが、前節の結果から、これはなかなかできることではないかも? 少し不安を持っての観戦でしたが、結果は? 
前半1分と10分に盛岡商の決定的な?シュートは、惜しくもゴールネットを揺らすことができず。しかし28分、盛岡商FW戸来選手のドリブルからゴールに向かう積極的なプレーに対して、グルジャユースのディフェンス陣が痛恨のファール。これに対して盛岡商MF伊藤選手がPKを確実に決め先制。追いかけるグルージャユースは前半終了間際、中央突破からシュートを放ち同点ゴールが生まれる? しかし、このプレーに対して主審はオフサイド?としてゴールを認めず、盛岡商がこのまま1点をリードし前半を終了。
IMG_4771 (2).JPG
IMG_4772 (2).JPGIMG_4778 (2).JPG
IMG_4779 (2).JPG
後半17分、盛岡商がコーナーキックを起点に、CB宮野選手から好パスを受けた、後半途中出場のキャプテンFW村上選手が確実にシュートを決め追加点。更に終了間際に後半途中出場の 盛岡商FW柏木選手の好パスを受けた、FW戸来選手が確実にシュートを決め突き放した。一方、グルージャユースは30分過ぎに2度のシュートを放つものの、盛岡商GK羽田選手が好セーブを魅せ、グルージャユースを完封。

盛岡商、開幕戦敗戦の影響はなかったようです。しかし、前半の早い時間帯に2度の惜しいシュートがあり、この時に決めていれば、もう少しゲームの内容は変わっていたかもしれません。
盛岡商トップチーム、次節はお休みになります。そして4節は不来方との試合、ただ、平日から観戦できません。休日に試合して欲しかったです。


高円宮杯U18サッカーリーグ2020

県リーグ DIVISION 1A 第1節

先週の岩手県U18サッカー大会の準決勝、盛岡商VS盛岡中央は70分で決着が付かず、PK戦での勝負となりました。今日のゲームは同一カードでの対戦から、好勝負が期待されましたが・・・・・

盛岡商 0-6 盛岡中央

【盛岡商の先発メンバー】

--------------8戸来----9村上-------------
10佐藤-----------------------------11下又
--------------7伊藤----6山口----- --------
13高山-----------------------------17間宮
--------------5佐藤 ---3中村--------------
--------------------1羽田------------------

【交代選手】
 18・17・19・20・2・14

【試合経過】
盛岡中央が前半3得点、後半も3得点と計6得点の圧勝でした。
盛岡商の前半の3失点はどちらかといえば守備によるミスが要因していたように感じました。反対に後半の3失点は盛岡中央の攻撃力が目立ちました。後半20分以降は盛岡商にかなり惜しいシュートが続きましたが、決めきれずゲームは終了。
IMG_4768 (2).JPG
今日のような大雨のなかでのゲームはここ数年記憶にありませんが、盛岡商のトップチームが公式戦で県内のチームを相手に6失点も記憶にありません。盛岡中央は先週の惜敗を糧にし、気持ちを前面に押し出して、攻守に積極的なゲームを展開していました。後半21分、盛岡商FW戸来選手の決定的なシュートを盛岡中央の選手がゴール線上で体を張ってのプレーはあまりにも見事でした。また、盛岡中央の先発出場12番GKの選手の攻撃的な守備も、なかなかのものでした。

盛岡商は大量失点失点から、90分間で多くの選手交代がありました。そのなか、90分間フル出場し、悪天候にもマケズ、気持ちを前面に押し出して、頑張ったプレーを見せてくれた選手もいます。
次節のVSグルージャ盛岡ユース、今日の敗戦を生かしてのゲームを強く期待しています。


 

2020岩手県U18サッカー大会  準決勝・決勝戦

昨日に引き続き、多くの方が会場外にて観戦・応援していました。


準決勝

盛岡商 1 (PK4-2) 1 盛岡中央

【盛岡商の先発メンバー】

--------------8戸来----9村上------------
11佐藤-----------------------------14下又
--------------7伊藤---10欠畑----- -------
5佐藤------------------------------13高山
--------------4宮野 ----3中村-------------
--------------------1羽田-------------------

【交代選手】
 24・25

【試合経過】
前半9分、盛岡中央が自軍のゴール前で盛岡商FW戸来選手を倒して反則。盛岡商MF欠畑選手がPKを確実に決め先制。その後、盛岡商・盛岡中央ともゴールを挙げるチャンスを生かすことができず前半を終了。
IMG_4751 (4).JPG
後半3分、追いかける盛岡中央、左サイドからFW中村選手がカウンターを仕掛け、その後右サイドのFW岡田選手にボールをクロス、放ったシュートはゴール左隅に鮮やかに決まり同点とする。その後10分、盛岡商の2度のシュートチャンスは、枠外と相手GKの好セーブ。14分、盛岡中央のCKから放ったシュートはクロスバーに当たる不運。その後、両チームの一進一退の攻防が続くなか時間が経過し後半終了。
ここからPK戦に突入。盛岡中央側で行われたPK戦は盛岡商が4-2で勝利し、決勝戦に進出。
 盛岡商   ○○✕○○ 
 盛岡中央  ○✕○✕    
-
-----------------------------------------------------------
決 勝

盛岡商 3 - 0 盛岡誠桜

【盛岡商の先発メンバー】

--------------8戸来----9村上------------
11佐藤-----------------------------14下又
--------------7伊藤---10欠畑----- -------
5佐藤------------------------------13高山
--------------4宮野 ----3中村-------------
--------------------1羽田-------------------

【交代選手】
23・24・25・2・22・29・6・20・15

【試合経過】
前半2分、盛岡商FW村上選手が右サイドを起点に強烈なシュートを放ち、盛岡誠桜GKがボールをはじいた。このこぼれたボールを盛岡商FW戸来選手がシュートを決め先制。優位にゲームを進める盛岡商に対して、徐々に盛岡誠桜も反撃。18分、盛岡誠桜がカウンターから放ったシュートは僅かに枠外。盛岡商が1点をリードし前半を終了。
IMG_4755 (2).JPG
後半9分、盛岡商がCKからCB中村選手が頭で合わせたシュートはゴールポストに直撃、この跳ね返りのボールを盛岡商キャプテンFW村上選手がシュートを決め追加点。続く18分、盛岡商のCKをゴール前の密集のなか、CB中村選手が押し込み突き放す。結果、盛岡商の3-0で快勝。
代替大会といえど優勝は嬉しいものがあります。ただ、遠野高、専大北上に勝利しての優勝ではないので、うれしさも半分程度でしょうか? 
秋の選手権に向けて、途中出場の1年生の活躍がチームの底上げになるよう、強く期待しています。

ゲーム終了後の表彰式・・・・・
IMG_4759.JPG
IMG_4760 (2).JPG
IMG_4763.JPG

2020岩手県U18サッカー大会  準々決勝

2020岩手県U18サッカー大会  準々決勝

雨のなか、多くの方が会場外にて観戦していました。

専大北上 2 (PK5-4) 2 遠野高

【試合経過】
前半19分、遠野が専大北上ゴール前で2度の先制チャンスを生かすことができなかった。21分、専大北上が左サイドを起点とした攻撃、こぼれ球にFW佐藤選手が素早く反応し先制ゴールを挙げる。専大北上が1点をリードし前半を終了。
後半18分、遠野FW平選手の個人技で同点に追いつく。更に23分、遠野MF高田選手?の鮮やかなシュートがそのままゴールのネットを揺らし逆転。この流れから、遠野の勝利かと思われましたが、これで終わらないのが高校サッカー。終盤の28分、専大北上FW吉武選手が頭で合わせて同点に追いつき、(延長戦は行われず)、このままPK戦に突入。
 専大北上 ○○○○○○
 遠野高  ○○○○○✕
PK戦は専大北上側で専大北上の先行で始まる。両チームとも4人まで確実にシュートを決める。専大北上5人目のCB岩渕キャプテンも確実にゴールを決めたが、遠野の5人目の選手のキックは左ゴールポストに当る不運。専大北上が僅かの差で明日の準決勝に進出を決める。
IMG_4735 (2).JPG
70分間、両チームの気迫のある接戦、好ゲームでした。
最後はPK戦ではなく、できれば延長戦で勝敗を決着して欲しかった。
------------------------------------------------------------

盛岡商 3 - 0 盛岡一

【盛岡商の先発メンバー】

-------------25浦田----9村上------------
11佐藤------------------------------8戸来
--------------7伊藤---10欠畑----- -------
13高山-----------------------------23間宮
--------------5佐藤-----3中村-------------
--------------------1羽田-------------------

【交代選手】
14・24・4・6・20・29

【試合経過】
前半5分、盛岡商のコーナーキックを起点とした攻撃より最後はMF戸来選手のシュートが決まり先制。続く24分、盛岡商MF佐藤航選手の左サイドからミドルシュートで追加点。後半3分、盛岡商MF戸来選手のゴール前のドリブルに対して盛岡一の反則、これをMF欠畑選手がPKを確実に決め突き放した。結果、3-0で盛岡商が勝利し、明日の準決勝に進出を決める。
IMG_4741 (2).JPG
盛岡商の勝利も、ゲームの内容については、いろいろと感じるところがありました。出場した選手も同様に感じているところはあると思います。
明日の準決勝の相手は新人戦で敗戦した相手、盛岡中央。中田監督の采配、そして選手の気迫あるプレーを期待しています。