ルーキーリーグ東北 第6節

昨日、遠野で開催された県リーグDIVISION1第11節の盛商セカンドvs 専大北上のゲームは前半、盛岡商FW鈴木選手の先制ゴールが決勝点となり、専大北上は、今リーグ戦において初の敗戦。
観戦された方へ、ゲーム内容をご一報いただければ・・・・・


ルーキーリーグ 第6節
先週に引き続き1年生選手の活躍を楽しみに、富士大学に行ってきました。

盛岡商業 6-0 八戸光星

【盛岡商の先発メンバー】
FW 27・23
MF 29・20・22・19
DF 30・26・28・16
GK 1

【交代選手】
25FW・17MF・32DF・21DF・24FW

【試合経過】  
前半、八戸光星キックでゲームが開始。八戸光星は速さを生かした攻撃プレーから、またセンターバックを中心とした堅守もあり、優位にボールを支配していたように感じました。
しかし、先制したのは盛岡商でした。20分、盛岡商MF戸来選手のコーナーキックにセンターバック宮野選手が豪快なヘッドで先制。これでゲームの流れは盛岡商に傾いたようです。44分、盛岡商FW佐藤航選手が相手選手の守備のミスを逃さずゴールを挙げる。盛岡商が2点をリードし前半を終了。
IMG_4379 (2).JPG
後半、盛岡商FW根子選手をFW関村選手に交代。その後も盛岡商は4人の選手を交代出場させる。2分、八戸光星のGKが味方の選手と接触より負傷退場。その影響かどうか、その後は盛岡商がゲームの主導権を握る。MF戸来選手の左クロスにFW佐藤航選手が頭で合わせて3点目。FW池野選手が縦パスを受けての技ありシュートで4点目。さらに後半途中出場のFW関村選手の連続2ゴールで盛岡商は計6ゴールを挙げた。

盛岡商は八戸光星のスピードを生かした攻撃に対して、前半はセンターバックの宮野・佐藤慎選手。そして、後半も宮野選手とGK羽田選手が中心となり、気合の入ったプレーで、粘り強く抑えてくれました。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント