ルーキーリーグ東北 第7節

ルーキーリーグ東北 第7節

昨日に引き続き1年生選手の活躍を楽しみに、富士大学に行ってきました。今日も昨日同様の猛暑、後半の運動量を特に注目しての観戦です。
試合前の練習を観ての感想ですが、帝京安積のシュートの精度はかなり高かったようです。
両チームの今シーズンの戦績から、好勝負が予想されたゲームは・・・・・

盛岡商業 1-2 帝京安積
【盛岡商の先発メンバー】
FW 27・23
MF 29・22・19・30
DF 26・18・28・16
GK 1

【交代選手】
33MF・25FW・17DF・32MF・24MF

【試合経過】  
前半2ゴールの帝京安積が盛岡商の反撃を抑え逃げ切った。
盛岡商の先発は昨日のゲームと同じメンバーでした。前半開始からゲームは盛岡商の流れと感じましたが、先制したのは帝京安積。19分に鮮やかなゴールから先制、31分にはシュートがゴールのクロスバーに当たる不運も、31分にも鮮やかな追加点から盛岡商を突き放す。盛岡商は38分と45分にFW佐藤航選手のシュートも、相手GKの好セーブ等から、ゴールを奪うことができず前半を終了。
IMG_4374 (2).JPG
後半13分、追いかける盛岡商の右コーナーキックを起点としたシュートは、ゴールラインの内側に入ったようでしたが、主審はゴールを認めず。(私はゴールラインの沿線上から観戦していましたが、主審の場所からは、確認できる場所ではなかったようです。副審もゴールを認めることはなく、ただただ残念) 盛岡商は後半に5人の選手を交代、そしてから攻撃重視のポジション変更から帝京安積のゴールを狙う。反対に守備が手薄となったことから、盛岡商ゴールに帝京安積の攻撃陣が迫り、盛岡商はピンチを招いたものの、GK羽田選手のPKを阻止等ファインプレーから、追加点は与えなかった。39分、盛岡商がサイドからのクロスボールにセンターバック(この時はボランチでのプレー)の宮野選手が頭で合わせてゴールを挙げ1点を返す。しかし、その後の帝京安積は集中した組織プレーから、盛岡商の反撃を抑え、逃げ切った。

今日のゲームはシュートの精度と運動量の差が勝敗を別けたように感じました。盛岡商のキャプテンマークを付けた宮野選手の攻守の活躍は、素晴らしいものがあっただけに敗戦は残念。
来週も富士大学でVS八戸光星のゲーム、選手の奮闘をかなり期待しています。



盛岡商業高校 第49回定期演奏会

ゲーム終了後、盛岡市民文化ホールに向かう。
硬式野球部の方の応援?参加もあり、会場はかなりの盛り上がりでした。
最後の曲の演奏後、鑑賞された方は席を立つことを忘れる程でした・・・・・
IMG_4375.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント