プリンスリーグ東北 第5節

~想像を、超えてこい~

J3リーグのブラウブリッツ秋田のホームスタジアム「あきぎんスタジアム」に行ってきました。このスタジアムは市の中心部で県庁や市役所等に隣接しており、グラウンドと観客席が非常に近く、そして風が少なく、高校サッカーを観戦するには非常に素晴らしいスタジアムでした。

昨年の秋田商のゲームを観戦しての印象は、シュートの精度が高いことでした。盛岡商は今日も厳しいゲームが予想されます。90分間、攻守に集中力を持ってのゲームを期待しての観戦です。

プリンスリーグ東北 第5節

盛岡商 4 - 0 秋田商


【盛岡商の先発メンバー】

---------10山田----9羽田----------
---------------------------------
24佐藤----6欠畑----7伊藤-----8林下
---------------------------------
23佐藤----3中村----4金野-----2村上
----------------------------------
-------------21羽田---------------

【交代選手】
22DF宮野・16FW下又・19MF佐々木

【試合経過】
昨年、秋田商に連敗の盛岡商が、FW羽田選手の活躍等から快勝、貴重な勝点3を獲得しました。
前半開始から秋田商が優位にゲームを支配していたようですが、先制したのは盛岡商でした。20分、秋田商DFのクリアーミスを盛岡商FW羽田選手がボールを保持し、右サイドから高速ドリブルで、ボールを秋田商ゴール前に持込み、鮮やかなシュートを決める。追いかける秋田商は、28分に盛岡商の反則???から、盛岡商の右ゴール前からのフリーキックを得る。この秋田商の決定的なチャンスを盛商の守備陣が組織プレーをもって、秋田商の攻撃を良く凌ぎました。この後も秋田商はテンポの速いプレーで盛岡商のゴールに迫るものの、ゴールを奪うことができず前半を終了。
画像

後半16分、盛岡商FW羽田選手のゴール右隅に今日2点目のシュートが決まる。20分、2点を追いかける秋田商はFWの2選手を交代出場させ反撃を狙う。31分、秋田商の強烈なシュートを盛岡商GK羽田選手が好セーブ。32分、秋田商の攻撃を盛岡商の選手が体を張ってピンチを凌ぐ。42分、盛岡商MF林下選手のゴール中央から振り向きざまの、ループ気味のシュートでゴールを挙げ突き放す。インジャリータイム4分の表示直後、盛岡商FW山田選手のシュートでゴールを挙げ、勝利を確実なものとする。

いつものとおり、個人的な感想です。
今日の盛岡商、ボールを持った秋田商の選手に対して、数人で速い、そして連続したプレスを仕掛け、ボールをカットする場面がかなりあり、結果として、秋田商は攻守に精度を欠いたようなプレーになったようです。
今日のゲームは盛岡商の伝統の、走り勝つ、球際で負けない、気持ちの強さが前面に出ていたように感じました。攻撃ではFW羽田選手の決定力とプレーの速さ、攻守の運動量は素晴らしいものがありました。守備ではDF金野選手とDF村上選手等の、相手選手に対して体を寄せ、そして体を張ったプレーで、ピンチを凌いだプレーも素晴らしいものがありました。そして、途中出場を含め1年生4人の、秋田商選手のプレーに対して、物怖じしないプレーを魅せてくれました。

次節は6日(火)にホームでモンテディオ山形とのゲーム。
応援が必ず選手の力になると思います。
多くの方に盛岡商の観戦・応援をお願いします。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

吹けよ北風
2019年05月04日 12:42
昨日は遠野国体サッカー場へ県1部リーグの試合を観に行きました。
お目当ては遠野2ndではなく2試合目の専北vs盛商2ndの試合。
スタンダードでも注目選手として紹介された、専北のキャプテン背番号8番の阿部
柊斗君を是非この目で観ておきたくて。

試合は前半風上の専北がやや押し込む形ながら得点には至らず要所で盛商が凌ぐ展開でした。
最初のチャンスは20分過ぎた頃でしょうか?盛商のカウンターから右サイドを駆け上がりセンタリング、逆サイドからのシュートは惜しくも枠を外しました。
しかし、徐々にペースを掴みかけた専北が盛商サイドでボールを回す時間が増え、35分阿部君のコーナーキックより得点(直接入ったように見えました)。
その後も立て続けに得点した専北が前半を3ー0で折り返します。
後半、開始早々に4点目を決めその後も得点を重ねた専北が5ー0とリードします。
盛商も終盤カウンターから意地の一発を見せ試合は5ー1で終了。このシュートは見事でした。

専北の阿部君はボランチながら前線へアシストが付きそうな好パスを何度も配球。
守っては4バックの前でピンチの芽を摘む攻守に素晴らしいプレーの連続でした。
昨年の遠野の太田君を彷彿させる(多分それ以上)好プレーヤーでした。

高総体、選手権。盛商、遠野にとって絶対に避ける事の出来ない大きな存在になりました。

プリンスリーグの遠野トップチームは残念でした。失点数はついにリーグワーストになってしまいました。高総体までになんとか守備面を立て直して欲しいものです。
盛商観戦記
2019年05月04日 15:02
吹けよ北風さん、コメントと専北vs盛商2ndの試合内容、ありがとうございます。
プリンスリーグを優先のため、このゲームは観戦できませんでした。
今後の日程から専大北上さんのゲームは、県インターハイの準々決勝まで観戦できないようです。
今シーズンの専大北上さんのゲームを観ていないので何ともコメントできませんが、昨年の注目選手といえば、MF佐藤選手、FW小原選手、MF阿部選手、DF五内川選手、FW菅原選手、MF清水選手。現在メンバーのMF阿部選手、FW菅原選手も最終学年になりました。他にFW千田選手と、阿部(耀)選手はMF登録のようですが、昨年以上に攻撃力の選手層が厚くなったように感じます。これは羨ましい限りです。

D1リーグは4節を終了し、盛岡商2ndチームが最下位になりました。次節のG盛岡ユースと盛岡中央のゲームが大きな鍵になると思います。
そのなかでFWの龍澤、鈴木選手、昨日のシュートを決めたMF久慈選手には特に頑張っていただきたいと思います。

吹けよ北風さんのコメントのとおり、県インターハイまでの各リーグ戦で調子を上げて欲しいものです。
また、くれぐれもケガのないよう願っています。

この記事へのトラックバック