第97回全国高校サッカー選手権

第97回全国高校サッカー選手権 1回戦

テレビでの観戦です。
遠野の長谷川監督の岡山学芸館に対する分析は、「スピードがあるチームで縦に速いサッカーをする。守備も固い」と掲載。確かに、岡山学芸館は遠野と似たゲームをするチームと感じていました。
報知高校サッカーと高校サッカーダイジェストでは遠野はFW2トップに、FW及川選手とMF太田選手の名前。MF太田選手が2トップは少し驚きでしたが、従来の長谷川監督の采配から、これは一つの選択と感じていました。

かなりの接戦が予想されたゲームは・・・・・ 


遠野 0 - 4 岡山学芸館


【遠野の先発メンバー】

---------11及川--10立花---------
9赤坂---------------------14遠藤
--------------------------------
---------7太田---8菅原----------
--------------------------------
3畑瀬-----6米沢---4及川----2千田
--------------------------------
--------------1菊池-------------

【途中出場選手】
16MF渡辺・20FW菊池・26FW中野・19MF佐藤・15MF塩谷

【試合経過】
遠野のキャプテンMF太田選手は、いつもの中盤でのプレーでした。点差程のレベルの差はないと思います。が、予想外の結果に終わりました。前半10分のセットプレーと11分のカウンターが勝敗を決したようです。遠野の得意とするいつものプレーは影を潜め、岡山学芸館に攻守に速いプレー、ボールのキープ力、80分間の運動量、シュートの決定力等にやられたようでした。予想した以上に、岡山学芸館のプレーは精度が高かったようです。
悔しい結果に終わりましたが、遠野以外の県内のチームが対戦しても、それ以上に厳しい結果に終わったかも? 
来年こそ、岩手県代表の勝利を期待します・・・・・






年末近くに鹿島の小笠原満男選手の突然の引退ニュース、これには驚きでした。
岩手日報には背中で語る孤高の司令塔、数々のタイトルをもたらす、プロとして21年間のプレー等記載。
今後は指導者としての活躍を期待しつつ、県内で小笠原選手に続く選手が早期に現れることを強く願います。




今年は東北新人戦に始まり、県新人戦まで、県運動公園やいわぎんスタジアム等で48ゲーム(東北新人戦1・県選抜交流4・J3リーグ4・プリンスリーグ東北13・県インターハイ6・ルーキーリーグ東北6・県リーグ8・選手権2・県新人戦4)観戦させていただき、多くの感動等いただきました。
来年はどんなサッカーを魅せていただけるのか、楽しみです。
画像

               

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

青白ファン
2019年01月01日 07:31
あけましておめでとうございます。
遠野高校は残念でした。仮に昨日勝てば明日は、仙台育英戦で仙台でのテレビ観戦を願っていました。
今年はより多く、観戦出来るように努力したいと思います。盛商、遠野以外にもどんどん楽しみなチームが出てきて、岩手県の高校サッカーがもっと盛り上がってくれると嬉しいです!
今年も宜しくお願い致します。
赤白ファン
2019年01月01日 10:25
青白ファンさん、
コメントありがとうございます。
昨日のゲームは残念でした。
早い時間帯に先制点と追加点から、
ゲームの流れを変えることが
できなかったようです。
途中出場、FW菊池選手の負傷交代も
残念でした。
毎年プリンスリーグで仙台育英さんの
ゲームを観戦していたこともあり、
二回戦の遠野VS仙台育英のゲームは
観たかったです。
やはり、高校サッカー選手権等、
全国大会は地元のチームの勝利が
ないと盛り上がりません。
最近は中学卒業後、県外の学校や
クラブチームで活躍する選手が
多くなっているので、
個人的には残念なことです。
とはいえ、今年はかなり期待したいです。
引き続き情報交換等、
宜しくお願いします。
吹けよ北風
2019年01月02日 17:30
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

31日の選手権1回戦は遠野の完敗でした。
長谷川監督のゲームプランは前半を0ー0、最低でも0ー1で後半勝負だったのでしょうか?先制点を奪われてから直ぐの2点目の失点が痛く、後半も前掛かりになったところでカウンターを喰らい失点を重ねた感じでした。岡山学芸館は後半も運動量が落ちることが無く良く鍛え抜かれた好チームでした。
岡山学芸館は去年の作陽高校ほどプレスも強くなく、遠野も敵陣でボールを奪うシーンなども見られ点数以上にレベル差があるようには見られませんでしたが。

先程はライブで秋田商業戦を観てましたが、運動量が多く出足が速く、シンプルに縦に早いだけのサッカーでしたが見事な勝利でした。走り負けなければ上位チームとも十分に戦えるそんなサッカーでした。

時之栖の裏選手権も間もなく開催されます。盛岡商業も全国の強豪校から多くを学び岩手のサッカーのレベル向上の為に頑張って欲しいものです。

赤白サッカーファン
2019年01月02日 21:00
吹けよ北風さん、
コメントありがとうございます。
今年も情報交換を、
よろしくお願いします。
帝京長岡と旭川実のPK戦は
両ゴールキーパー含め、
38人の死闘なか、帝京長岡が
17-16で勝利。
高校サッカーならではと思います。

岡山学芸館が仙台育英に勝利。
ゲームの内容は不明ですが、
MF永田キャプテンの先制ゴールが
決勝点に繋がったようで、昨日の
遠野に勝利の勢いがあると思います。

優勝候補の青森山田高校は別として、
同じプリンスリーグ東北で活躍している、
尚志と秋田商業の全国の強豪チームを
相手に活躍は嬉しいものがあります。
尚志は東福岡を相手にフリーキック、
コーナーキック、シュート数でも
圧倒した様です。
秋田商業はキャプテンMF鈴木選手の
先制ゴールで逃げ切った様子。
プリンスリーグでの秋田商業は
シュートの精度がかなり高く、今日も
これが結果につながったのかと思います。
明日の3回戦、尚志VS前橋育英、
秋田商業VS龍谷、東北の2チームの
活躍をかなり期待しています。

ところで
裏選手権、盛岡商のグループは横浜創英、
佐野日大、高川学園の4チーム。
全国レベルの相手に対して、
盛岡商がどんなサッカーをするのか
非常に興味があります。
時間とお金が許されるのであれば、
是非御殿場に行ってみたいです。
地域的には難しいでしょうが、
できれば、県内でこの時期に、
このような大会が開催されることを
強く望みます。

この記事へのトラックバック