いよいよ県高等学校サッカー新人戦

今日は寝不足でした。
アジアチャンピオンズリーグ、ペルセポリスVS鹿島アントラーズの決勝第2戦は深夜、眠い目をこすりながら、前半30分頃からテレビ観戦。
結果、引き分けにより鹿島はアジアの頂点に輝いた。
ペルセポリスにシュート15本を浴びながら失点ゼロ、鹿島は後半終了間際にかなりピンチがありましたが、選手全員のハードワークが引き分けに終わった要因と思います。
ちなみに山本脩斗選手は90分間プラス、アディショナルタイムのフル出場でした。
2年前のクラブワールドカップはご存知の通り、決勝であのレアルマドリードに延長の末敗戦。
あの時の記憶が蘇ります。
来月、開催されるクラブワールドカップはどうなるのか楽しみです。

プリンスリーグ東北参入戦、専大北上と花巻東は残念な結果に終わりました。
特に専大北上は初戦に新屋高校に勝利し、
今日の尚志セカンドとのゲームは期待はしていただけに・・・・・
現在の参入戦の規定、8チームのうち昇格は2チーム。
これは非常に険しい道のりです。

いよいよ県高等学校サッカー新人戦が開催されます。
県内今年最後の公式戦、4日間で優勝まで最低5試合のハードワークが必要とされる大会。
先日8日と9日、仕事帰りに盛商グランドに寄りましたが、気合の入った練習を観ることができました。
これは、非常に楽しみです。
毎年のことですが、先発メンバーとポジション、キャプテンと背番号10番が誰になるのか等楽しみです。
遠野高校等、選手権で上位のチームが中心にゲームが進むものと思いますが、盛岡誠桜のゲームも注目。

昨日の岩手日報の『応援席』の記事。
はかなくも美しい3年間と称して、なぜこんなにも高校生の試合は胸を打つのか
一読をお勧めします。
高校サッカーファンの一人として、同感します・・・・・
にほんブログ村 サッカーブログ 高校サッカーへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック