岩手県高校サッカー選手権・ 決勝

高校サッカー選手権 決勝

6年連続28度目の優勝を狙う遠野に対し、初の頂点を狙う花巻東が挑む一戦。高校サッカー部の頂点を決める大会、『選手権』も最終日。ここ、いわぎんスタジアムに盛岡商の選手の姿がないのは非常に残念ですが、両チームには好勝負を期待しています。今年の決勝戦はどんなドラマが待っているのか? 
晴天の秋晴れですが、今日はテレビでの観戦です。

昨日の岩手日報では、遠野は『攻撃陣が鍵』、花巻東は『運動量豊富』、遠野の『総合力』か花巻東の『勢い』か等、掲載されていました。実力のある遠野が80分間押し込む時間が長いと思われます。それに対して花巻東が準決勝の盛岡商戦のように、我慢の時間帯でどれだけ踏ん張り、少ないチャンスを生かすことができるのか等注目。それにしても、花巻東のキャプテン小松選手が累積警告で欠場は残念です。


遠野 4-0 花巻東

【遠野の先発メンバー】

--------------13及川-------------
---------------------------------
24渡辺---------7太田-------10立花
---------------------------------
----------27遠藤----8菅原--------
---------------------------------
19馬場-----3畑瀬----4及川--29千田
---------------------------------
--------------17菊池-------------

【交代メンバー】
15塩谷・25千葉・9赤坂・6米澤・20菊池


【花巻東の先発メンバー】

--------10八重樫--18吉田---------
---------------------------------
16城内--14安孫子---6佐々木--8岡田
---------------------------------
---------4舘向-----7及川---------
---------------------------------
7及川---17藤原-----4舘向----5佐藤
---------------------------------
---------------1藤本-------------

【交代メンバー】
11林崎・28福山・20平松・22中館


【試合内容】
遠野が前半に先制し、後半も3ゴールと突き放し、花巻東を相手に快勝。
前半は遠野が優勢にゲームを進め、花巻東側でのプレーが続く。6分、遠野が花巻東のゴール前での密集から
のシュートを、花巻東が体を張ってのプレーから先制ゴールを許さず。9分、花巻東は左サイドを起点にMF城内選手のボールを受けたMF八重樫選手のシュートは枠を外す。15分、花巻東MF城内選手のフリーキックから、DF舘向選手のヘッドは僅かに枠を外す。16分、遠野はカウンターからボールを受けたMF渡辺選手のシュートは枠を外す。それ以降は花巻東が徐々に遠野側でのプレーが増え、一進一退の攻防が続いた。しかし33分、遠野FW立花選手が左からゴール前へ絶妙のクロスを上げ、このボールをFW及川選手が頭で合わせて先制。このまま遠野が1点をリードし前半を終了。

後半も1点をリードした遠野が優位にゲームを進める。
6分、追いかける花巻東MF八重樫選手のシュートは遠野GK菊池選手の正面、これは残念でした。8分、遠野のFW及川選手がゴール左サイドネット近くからのシュート、このボールに詰めていたFW立花選手のシュートが決まり追加点。10分、遠野のFW立花選手の右コーナーキックにDF畑瀬選手がスルー、そのボールをFW及川選手がシュートを決め突き放す。24分、何とか1点を挙げたい花巻東MF八重樫選手の左側からの絶妙なクロスを、MF岡田選手が頭で合わせるものの、ゴール枠を捕らえることはできず。28分、遠野FW立花選手のシュートを起点に、最後はMF遠藤選手がゴールを決める。何とか1点を挙げたい花巻東でしたが、それを許さない遠野のプレーが続き、ゲームは終了。

遠野はいつもどおり、ボールのキープ力、プレーの速さ、運動量、ボデイバランス等は健在。そのため、花巻東のプレーに決定的なピンチを招くことは少なかったようです。それにしても6連覇は素晴らしい(羨ましい)。全国大会は組み合わせにもよりますが、岩手県代表として、まずは初戦、そして2回以上の勝利を期待しています。

花巻東は前半、遠野の攻撃に対して、集中力を保ち、体を張って、組織プレーで対応していましたが、後半はやや運動量が落ちたのか、遠野のボールを持った選手に対してのプレスが遅れ、自由にプレーを許す場面が見られたようです。


次は10日から開催のプリンスリーグ東北の参入戦。
観戦はできませんが、岩手県代表の花巻東と専大北上の朗報を期待しています。
にほんブログ村 サッカーブログ 高校サッカーへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い

この記事へのコメント

吹けよ北風
2018年11月04日 18:02
今日は、上着もいらない汗ばむくらいの好天に恵まれました。
盛商の居ない決勝戦でお客様が入るのかちょっと心配でしたが‥
遠野は前半押し気味ながらもなかなか点が入らないちょっとイライラした展開。
30分過ぎに長谷川監督の指示でポジションチェンジした立花君のパスから及川君のシュートで先制。
以後は落ち着いたパス回しと速いプレスで効果的にボールを奪取、後半立て続けに得点が決まり優勝する事が出来ました。
花巻東も守備時は5バックで中央を厚くし、ボールを奪ったら速いカウンターを仕掛ける作戦で対抗しましたが、小松君の居ないチームはやや迫力にかけたように思いました。
花巻東は今季、白瀧監督の母校でもある国士舘大学の先輩、柱谷哲二氏をテクニカルアドバイザーとして招聘。氏が九州の監督に就任したためでしょうか、ベガルタより越後氏をコーチとして招きました。
プロの指導で短期間でここまでのチームに作り上げたのはさすがです。
間違いなく2、3年後には盛商、遠野を脅かすチームになるでしょうね。
赤白ファン
2018年11月05日 19:50
吹けよ北風さん、
コメントありがとうございます。
そして、優勝おめでとうございます。

前半、花巻東もゴールに迫る場面が数回ありましたが、やはり、遠野の先制点が大きかったようです。
長谷川監督が遠野の監督でいる限り、遠野の選手権での優位は動かないのかと感じます。
FW及川選手の活躍もありましたが、他にも2年生で楽しみな選手が多いように感じました。
遠野は部員数も100人とか?、選手層の厚さも感じます。

今年最後の新人戦、楽しみにしています。

この記事へのトラックバック