今日から後半戦、県リーグ第 8 節

高校サッカーを観戦するようになったのが2004年から、プリンスリーグ創設2年目からです。
当時のプリンスリーグ東北のパンフレット、盛商のメンバー、10番はエースFW福士選手等。
画像

あれから15年目。途中で1部・2部の編成等はありましたが、2003年創設から現在まで参加しているのが唯一、盛岡商。青森山田高校はプレミアリーグが創設されたことから、2011年には参加していなかった。岩手県内では常連の遠野高校の他、不来方、盛岡市立、盛岡中央が参加している。
今季、盛岡商にとって厳しい状況が続いていますが、残り8ゲーム、最後まで諦めることのないプレーをして欲しい。



県リーグ第 9 節

県リーグの開幕戦で花巻東に完敗した盛商セカンド、今日も厳しいゲームが予想されました・・・・・

盛岡商セカンド 5-4 花巻東

【盛岡商の先発メンバー】

---------10瀧澤----9羽田----------
----------------------------------
8窪田----7伊藤-----6葛城----14笹森
----------------------------------
5小川----4上村-----3田野-----2高山
----------------------------------
---------------1本田--------------


【交代選手】
11FW・15DF・16DF・13MF・12FW・13MF

【試合経過】
前半2分、花巻東が精度の高い右コーナーキックからからヘッドで先制。この先制ゴールは見事でしたが、盛商からすれば、開始早々あまりにも早い失点。序盤、盛商のプレーに集中力が欠けていたかも? 先制された盛商でしたが13分、中央からの縦バスに反応したFW瀧澤選手のプレーに、花巻東GKがたまらずファール 。PKを得た盛商FW羽田選手が確実にゴールを決め同点、ゲームは振出しに戻る。しかし16分、花巻東がゴール近くでシュートを決め勝ち越す。盛商は相手選手のボールに対しての対応が遅れ、消極的な守備になっていたようです。20分、追いかける盛商はコーナーキックを起点にFW羽田選手がゴールを決め再度同点。続く26分にも、左サイドからゴール前にクロス、このボールをFW瀧澤選手が足で合わせて逆転ゴール。1点をリードされた花巻東、36分以降両サイドから精度の高いコーナーキック5本が盛商ゴールを襲う。これに対して盛商はなんとか凌ぐものの花巻東の猛攻が続く。前半終了間際、盛商ゴール前で花巻東の連続攻撃、一度はGK本田選手がセーブするものの、最後は花巻東がゴールを挙げる。両チームの白熱したゲームは3-3の同点で前半が終了。
画像

後半1分、盛商FW羽田選手のシュートはゴールポストに当たる不運。しかし3分、盛商左サイドMF窪田選手のドリブルから、相手選手をかわしてゴール前へ絶妙なクロス、これをFW羽田選手がヘッドでゴールを決める。更に21分、後半途中出場のFW下又選手が左から強烈なミドルシュートを決め突き放す。これで勝負は決したかと思ったが、ここであきらめない花巻東、37分左サイドの高速ドリブルを起点に、ゴールを挙げ1点差とする。流れは花巻東に傾きかけていたが、盛商が何とか踏ん張りゲームは終了。

気温34度のなか?、両チームの守備に精度を欠くプレーはあったものの、運動量は落ちることなく、最後まで見ごたえのあるゲームでした。前節に続き、FW羽田選手の攻撃での活躍は嬉しい。


明日の富士大グラウンドでのルーキーリーグ、東北学院 VS 盛岡商業の観戦も楽しみです・・・・・
にほんブログ村 サッカーブログ 高校サッカーへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

赤×白ファン
2018年06月30日 21:32
いつもお疲れ様です。今日の敗戦はやばいですよね… 最下位ですがかなり心配です。
盛商シェンタ
2018年07月01日 06:29
赤×白ファンさん、コメントありがとうございます。
昨日の敗戦、結果のみで詳細は不明ですが、私もかなり心配しています。そういう意味から、このブログの冒頭に書き込みした訳です。

写真を見る限り先発はGK阿部、DF村上・辻野・高橋・中村、MF藤村・鈴木・菅原・欠畑、FW林下・山田でしょうか?
何故かFW村井選手が先発せず? 1年生3人が先発出場。DF上田選手は控での出場でしょうか? MF金田選手も欠場が続き心配です。盛商のイエローカードは1枚だけのようです。

全く個人的な見解です。
確かに今季において実力の差はありますが 、後半の6失点は多すぎです。後半、追いかける体制で、攻撃から守備が手薄になったのでしょうか、失点が続き集中力を欠いたのでしょうか?
残り8試合、上位チームの対戦ではなるべく失点を抑え、それ以外のチームからどれだけ勝ち点を取れるか? 得失点差も重要になってくると思われます。
降格となるとセカンドチームにも影響があり、今後のモチベーションにも影響が出てくるので、何とか避けたいものです。

監督やコーチ等、そして3年生の選手には特に頑張って欲しいです。 盛商の伝統を途切れることのないよう・・・・
吹けよ北風
2018年07月01日 15:30
はじめましてこんにちは。

以前からブログは閲覧させていただいておりました。
今回、はじめてコメントさせていただます。
コメントし難かったのは『吹けよ北風‥』側のファンですので(ゴメンなさい)

私が高校サッカーに興味を持ったのは当時、北奥羽大会で岩手代表が五戸高校や三本木農業とたった一つの切符を争っていた頃からですのでかなりのオールドファンになります。

プリンスリーグ東北の今年の岩手県勢の成績が余り不調で心配しておりました。
レギュレーション上では2チーム降格となるかと思いますが遠野、盛商共に降格圏争いの大ピンチですよね。(プレミア参加出来なかった場合)
降格争いの直接の相手となる山形中央、聖光学院戦に勝てばまだ自力で残留するチャンスはあるのですが、両校共に力をつけておりなかなかの強敵です。遠野に至っては聖光学院に勝ったことがないので不安だらけです。
5月の聖光学院戦も前半3ー0で折り返し、誰しもが勝利を信じて疑わなかったゲームでしたが後半守備が破綻し立て続けに失点。聖光学院側が勝ったような大騒ぎの中、なんとか引き分けに持ち込んだゲームでした。守備は改善されることも無くそのまま総体に入り0ー5の大敗(専大北上戦)でした。

昨日の盛商も一体どうしたのでしょうか?公式記録がまだですから憶測ですが後半、レッドカードで退場者でもだしたのでしょうか?
いずれにせよなんとか両校ともに残留して欲しいと願うのみです。
今期のプレミア参入戦は東北から2枠のようです。
さらにプリンス参入戦も岩手は2枠。常連2校に専大北上あたりが参入し盛り上げてくれると嬉しいですね。
長々と長文失礼しました。また折を見てコメントさせていただきます。

『吹けよ北風 強くとも
  あゝ薄明に 球を追い‥』
盛商シェンタ
2018年07月01日 21:09
吹けよ北風さん、コメントと情報をありがとうございます。
このブログに書き込みをいただいている、青白サッカーファンさんの先輩でしょうか?
『吹けよ北風強くとも、あゝ薄明に球を追い‥』遠野高さんの蹴球部サッカーボールの歌・・・・
サッカーの強さを感じさせる歌でもあります。
ところで北奥羽大会まで遡るとなると、かなりの年代。昭和30年代初期のあたりでしょうか?
青森県は今でこそ青森山田高校ですが、五戸高校や三本木農業もサッカーが強かったことは、私も記憶があります。
高校サッカーファンの一人として、今後とも、お手柔らかにお願い申し上げます。

この記事へのトラックバック