県高校総体サッカー競技 その3

県高校総体サッカー競技 3 回戦

そこには感動のドラマがある・・・・・

   水沢 0-3 盛岡商

【盛岡商の先発メンバー】       

-------11菅野------9伊藤---------
---------------------------------
8日下--22---------10吉田----14佐藤
---------------------------------
3腹子---5谷地------4泉山----15藤原
---------------------------------
-------------12上田--------------


【盛岡商の交代メンバー】
FW19村井・DF2松尾・MF18添田・DF13小松

【試合経過】
水沢は攻守切り替えの早い、そして体を張ったプレーで盛商ゴールを脅かす場面が数回。また、GK村上選手の好セーブの連続。しかし16分、盛商はMF佐藤~FW伊藤~MF日下選手の流れるようなパスから先制。32分にはFW菅野選手のゴール、後半32分にはDF藤原選手からパスを受けたFW村井選手のゴール。
終わってみれば盛商の快勝ですが、それ以上に水沢の攻守に善戦が目についたゲームでした。
画像



     盛岡市立 2-0 一関二
接戦が予想されたゲーム。開始から両チームとも気合が入っていました。後半、攻撃力の勝る盛岡市立の連続ゴールに対し、一関二は単発の攻撃からゴールを挙げることができなかったようです。



今日の3回戦の結果より、準々決勝は
遠野高校VS江南義塾、盛岡三高VS盛岡中央
盛岡北高VS不来方高、盛岡市立VS盛岡商高

大船渡、花巻東、専大北上が敗戦という結果。トーナメントのゲームは何が起こるかわかりません・・・・・。
にほんブログ村 サッカーブログ 高校サッカーへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

青白ファン
2016年05月29日 23:00
暑い中、観戦お疲れ様です。
一関ニ、残念でした。
夏を最後に、引退する3年生がいるチームもあるので、夏は夏で見所満載です。
中央もかなり、苦戦した様ですし、花巻東は、何となくやられるんじゃないかと思ってました。
冬があるので、敗れたチームは立て直して欲しいです。引退する3年生は、ご苦労様でした。次の目標に向け、また頑張って下さい。
今年は、不来方、要注意でしょうか?結果が悪くても、良いサッカーしてる印象があります。
いずれにしても、来週が楽しみですね!
シェンタ
2016年05月30日 21:42
青白ファンさん、
コメントありがとうございます。
昨日の結果から、
改めて高校サッカーは筋書きのない
ドラマだと感じています。
決勝までの2試合もどうなるか?
週末がますます楽しみになりました。

ところで今大会、遠野の阿部選手が
FW登録になっています。
今まではFW佐々木選手の1トップ。
戦術の変更でしょうか?
気になります・・・・・

青白ファン
2016年05月30日 22:11
パンフレット無事に届きました。
大会毎、誠にありがとうございます。
遠野高、プリンスリーグとは違う背番号になってました。そして、ずっと気になってた、1年生部員。確認出来ました。ありがとうございます。
1年生でのメンバー登録、凄く頼もしいです。
今回の大会は、県立高が多く残ってます。県立出身としては、嬉しいです。全国的に見ると、段々と見慣れない高校の名前が多くなってきてる様に思います。静岡ですら、伝統校が勝てなくなってきてる時代、まだまだ岩手では、盛商、遠野に頑張ってもらいたですね。
高校サッカー好きおやじ
2016年05月30日 23:02
初めてコメントさせていただきます。
今回のベスト8、おもしろい顔触れとなりましたね。特に盛岡北と盛岡三がくるのは予想外でした。盛岡三がベスト8に入ったのはいつ以来のことでしょうか。以前盛岡三の試合を見て、とても頑張るチームだな、と感じたので、ぜひ次の準々決勝も健闘して欲しいと思います。
また、個人的には久しぶりに決勝が盛商vs遠野以外のカードとなればおもしろいなと思っております。
長くなりましたが、どのチームもケガなく最後まで頑張ってほしいですね。週末が楽しみです。
シェンタ
2016年05月31日 21:25
青白ファンさん、
高校サッカー好きおやじさん、
コメントありがとうございます。
盛岡三高は3年生にとって最後の大会。
かなり気合が入っての結果と思います。

次は準々決勝の4試合、
波乱が起きるかどうか?
勝利を願いながら、一喜一憂し
選手から感動をいただければと思います。



この記事へのトラックバック