プリンスリーグ東北 第13節

昨日の県1部リーグの結果は、盛岡中央4-4花巻東、大船渡1-10専大北上、盛岡北0-0盛岡市立、盛商セカンド7-0江南義塾。残り3試合になりましたが、プリンスリーグ参入戦に出場は盛岡中央、花巻東、盛岡市立の争いとなり、非常に楽しみです。一方、盛商セカンドも直近で3連勝し、勢いも上昇してきたようです。残りの専大北上、盛岡市立、花巻東にも3連勝を期待しています。

プリンス東北リーグは残り試合6試合となり終盤戦に突入。今日の盛商の相手は強豪、ベガルタ仙台ユース。プリンスリーグの残留のために何とか勝点が欲しい試合。高速バス、地下鉄、路線バス、徒歩で、アウエーの泉パークタウンサッカー場へ向かった・・・・・


プリンスリーグ東北 第13節

  盛岡商 1 - 3 ベガルタ仙台

【盛岡商業のスターティングメンバー】


----------9伊藤-------11遠藤-----------
--------------------------------------
----18日下-------------------7釆田----
--------------------------------------
---------17佐藤-------10吉田-----------
--------------------------------------
----3腹子---4泉山----5谷地---2松尾----
--------------------------------------
----------------1阿部-----------------

【途中出場選手】 19FW菅野・13MF前川・24DF藤原

【試合経過】
キャプテンMF渡邊選手は欠場(心配)でした。その代わりにDF佐藤選手が中盤で出場、個人的に佐藤選手の体を張ったったプレーは評価に値すると思います。
開始1分、ベガルタ仙台がCKからヘッドで先制。6分にも、ベガルタ仙台が右サイドを起点に連続ゴール。盛商は早い時間帯に2失点し、押し込まれる場面が多かったが、ここから踏ん張った。32分ベガルタ仙台の反則からゴール中央から盛商DF泉山選手のFKは相手GKがセーブも、こぼれたボールを盛商FW伊藤選手が確実にゴールを決め1点差に迫る。時間が経過し、前半終了。
画像

後半、盛商のキックで試合が始まる。11分、ベガルタ仙台のワンタッチプレーでゴールが決まる。この後は一進一退のゲームが続き、盛商にも数回チャンスは訪れたが決めきれず終了ホイッスル。
盛商の開始早々の失点は非常に悔まれますが、3失点は守備のミスというより、ベガルタ仙台の攻撃力を誉めるべきでしょうか? 今日のベガルタ仙台は、ゴール前の堅い守備と、攻撃ではゴール前の決定力の高いプレーが目に付いたゲームでした。

次節はホームであの高校野球選手権準優勝の仙台育英戦。プリンス東北の残留には必ず勝利が必要なゲーム。多くの盛商ファンが集まって、応援して欲しいと思います。

にほんブログ村 サッカーブログ 高校サッカーへ
にほんブログ村






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック