高円宮杯U-18 チャンピオンシップ

高円宮杯U-18 チャンピオンシップ
プレミアリーグ年間王者による決戦。
柏レイソル 0 - 1セレッソ大阪
プレミアリーグ昇格1年目の柏がEASTを制し、一方WESTの王者・C大阪は最終節での逆転。U-18年代最高峰の一戦はセレッソ大阪が制し優勝
それにしても高校生チームは残念でした。東は市立船橋の4位が最高。西は東福岡の7位が最高で、富山第一と東山がプリンスに降格。高校チームとクラブチームの格差は広がるばかりでしょうか? 指導者や施設等を比較すれば、クラブチームは恵まれているんでしょうが・・・・・。高校サッカーファンとしては残念な限りです。


プレミアリーグ参入戦・1回戦 
ベガルタ仙台ユース2 - 1 星稜高校
ベガルタ仙台は昨年盛商が惜敗した星稜高校に見事逆転勝ち、明日は関東第一代表の大宮アルディージャユースとの対戦。勝利すれば、念願のプレミアリーグに昇格~。


小和田哲男さん歴史講演会
先日、自宅に1枚のハガキが送付され、
厳正なる抽選の結果、貴方様が当選されました・・・・・
50人限定の歴史講演会。多くの方が応募したものと思われます。
お金で買えないものが、いただけることは嬉しい。
画像

今年は個人的に軍師官兵衛の一年でした。7月には NHK公開セミナー軍師官兵衛プレミアムトークショーを観賞。先月はもりおか歴史文化館で、黒田官兵衛所用の「銀白檀塗合子形兜」を鑑賞。先日は官兵衛家臣の栗山善助の嫡男、栗山大膳の墓石を拝観。そして今回は小和田哲男さんの歴史講演会を聴講。

歴史講演会の演題は「官兵衛の兜、盛岡にあり」として、秀吉の軍師、黒田官兵衛の合戦、城、人物像を語る 
小和田哲男さんといえば、NHKテレビの歴史番組『歴史秘話ヒストリア』や、大河ドラマの時代考証担当で超有名人。今回の講演もかなり中身の濃いものでした。講演終了後の質疑応答は、多くの聴講者から質問・意見等あり、小和田哲男さんご苦労様でした。

NHK大河ドラマ、軍師官兵衛は、
いよいよ来週が最終回となりました。
関ヶ原の戦いは徳川家康率いる東軍が勝利し、
天下を統一、乱世ここに終わる。

NHKさんだけに歴史を変えることは
問題があるかもしれませんが、

ある聴講者からも一言。
関ヶ原の戦いが長期戦となり、
その間如水の黒田軍が九州を制覇し、
東軍勝利の家康を長政が左手で刺せば、
黒田如水が天下?

今回担当の脚本家、前川洋一さんには
このようなシナリオを書いて欲しかった(残念)
しかし、作品として認められないでしょう~
これについては可能性はなかったと、
小和田さんのコメントでした。

最後に、川口印刷工業㈱様、
年末にこのようなプレゼントをいただきき、
ありがとうございました。

にほんブログ村 サッカーブログ 高校サッカーへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック