平成26年度 第66回岩手県高等学校総合体育大会サッカー競技 その1

今日は実家の法事でした。
親父が亡くなって2年、祖母さんは6年、
月日が経つのは早いものです・・・・・。
画像




平成26年度 第66回岩手県高等学校総合体育大会サッカー競技
略して、県高総体が始まりました。

ところで、昨年は・・・・・
県高総体・決勝戦、岩手日報の掲載記事から~
遠野8-1不来方
遠野が好守で力を発揮した。ここまで4試合で1失点と守備が安定していた不来方を相手に8得点。伝統の堅守速攻に加え、スピード感あふれるサイドや中央からの攻撃は、遠野サッカーの進化を表していた。1-1の前半27分、遠野の得点ラッシュが始まった。ゴール前の混戦からFW本間主将が押し込むと、1分後には左足で強烈なミドルシュートを放ち、ゴール左隅へ突き刺した。同点にされ、消極的になりかけていた選手たちが再び躍動した。
後半も運動量は落ちず、MF菊池和樹が2得点するなど計5得点。攻撃の手を緩めることなく、貪欲にゴールを求めた。中盤の動き出しの早さが際立っていた。こぼれ球への反応、スペースを見つける早さが相手より一瞬上回る。不来方のシュート数はわずか3本。全員が好守で運動することで攻撃を封じ本間主将を中心とした自在な攻めにつなげた。「厳しい戦いばかりだった」と振り返った本間主将。成長を続ける組織的サッカーで王者に返り咲いた。

盛商は準々決勝で遠野高校に1-3で敗退。
昨年の遠野高校は伝統の堅守に早い攻撃力がプラスとなり、強かった・・・・・


先日の岩手日報の県高総体展望の記事から~
県新人大会覇者の盛岡商が優勝争いの中心。攻撃の核となるMF吉田廉選手が中盤を組み立て、スピードを生かした突破で相手を崩し得点を狙う。昨季の全国高校選手権に出場し、堅実な守備からゴールを目指す遠野や、県新人大会2位の盛岡中央のほか、花巻東などが追う。

今日、一回戦の結果から
盛岡北、北上翔南、江南義塾、盛岡三、花巻北、大船渡等、順当に二回戦進出。
やはり、i リーグの上位チームはここで負けるわけには行きません。
明日の二回戦、盛商の対戦相手は松田光弘監督率いる一関二高校。
9時~安比高原ASPAのA会場にて・・・・・



J3リーグ第13節
明日のJリーグ第13節において、
アンダー22選抜の招集選手に盛商出身の
谷村憲一選手が決定したようです。
対戦相手はガイナーレ鳥取 。
試合会場はとりぎんバードスタジアム。
背番号は13番、活躍を祈念致します・・・・・。

にほんブログ村 サッカーブログ 高校サッカーへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

はた
2014年05月29日 08:50
写真は、いつ頃なんですか?。
歴史が、物語るエピソードお伺いしたいです。(^_-)。
bB
2014年05月29日 22:18
ご無沙汰しています。

これは実家にある写真ですが、
前列の右端が親父で、
後列の左から4番目が祖母のようです。
約75年前以上の写真と思われます。
親戚の方の結婚式での撮影でしょうか?
なぜこの写真が・・・・
不明です。

この記事へのトラックバック