世代にかける橋

世代にかける橋
盛商サッカーファンさんのおひとりで
ブログにコメントをいただいている
○○さんと忘年会を開催しました。

今後の盛商サッカー部について、
ダイエットの経験談、
昼食のお勧めの店とか、
お菓子の食べ方とか、
内容の濃い二時間でした。

料理の白子と牡蠣はお酒の肴に合います。
美味しかった~。
お店は九十九草さん。
九十九草さんは東屋さんの関連のお店らしいです。

盛岡市の福祉、社会教育、文化、交流などの
推進に大きな功績を残し、8年前に逝去した馬場勝彦さん。
盛岡の世代にかける橋、盛岡市民福祉バンクの活動を中心に、
子供達とのふれあい、様々な人々との協同、
議員としての行政への働きかけ、
永遠の「ガキ大将」として生きた馬場さんは
私が尊敬するおひとりでした。
世代にかける橋の代表者として、
今から、40年以上前に、馬場さん主催のサイクリングで
盛岡~鴬宿まで行ったのは良い思い出です。
ここれを知っている人は少ないでしょう?
今日は馬場さんの息子さん(たぶん?)にお会いし、感慨深い一日でした。
馬場勝彦さんに合掌・・・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

まろ
2012年12月27日 23:30
「世代にかける橋」、なるほど、そうなんですね。
知らない世代の一人です…すいません、いい年齢なんですけど。
「~~にかける橋」というのは、新渡戸稲造さんから?

盛岡に来て、「福祉バンク」を知って、その知名度というか、市民へ浸透している感じが、なんとなく不思議だったのですが、今日のブログを拝見して、なんだか納得。
勉強になります。
さすが!
bB
2012年12月28日 20:33
馬場勝彦さんのような方がまた現れたらと
思いますね。
人間は欲のかたまりでしょう。
私利・私欲のない方になりたいものです。
(私は無理ですが・・・・)

この記事へのトラックバック